尿路結石(にょうろけっせき)

原因と特徴

尿路結石とは、尿の通り道である、腎盂(じんう)腎杯、尿管、膀胱、尿道などに石ができる病態のことです。その症状は、石の大きさやできる場所によって異なり、腎盂腎杯にできると鈍い痛みが、尿管では石がある側の脇腹や背中、お腹に激しい痛みが生じます。
この尿路結石は、石が小さいほど痛みが強くなる特徴があります。また、結石が尿管にひっかかることで、尿が下流に流れずにたまってしまうため、尿路感染や腎臓の機能障害などを引き起こすこともあり、血尿や吐き気をともなうケースもみられます。
膀胱に結石ができると頻尿や残尿感がみられ、尿道結石では排尿時の強い痛みや血尿、尿が出にくいなどの症状があらわれます。その発症には食生活が関係しており、シュウ酸の取りすぎが原因となる結石もあります。

治療

結石の大きさや症状によって治療法が異なり、経過観察をはじめ、薬物治療、専用の器械を用いて体外から体内の結石を砕く治療法、内視鏡手術などの手術治療が行われます。

監修

前田裕輔 (まえだ・ゆうすけ)

グランプロクリニック銀座院長

関西医科大学卒。内科専門医、日本抗加齢医学会専門医。

https://granpro-clinic.com/

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE