胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)

原因と特徴

胸郭出口症候群とは、神経や動脈が圧迫され、肩や腕、手にしびれや痛みが生じる病態です。首にある神経の通り道「胸郭出口」において、神経や動脈が圧迫されることで症状があらわれます。肩こりとして自覚されることもあり、首や肩、腕がチクチクする、刺すような痛みがあるなどの症状もみられます。長時間の悪い姿勢や、睡眠不足、ストレス、なで肩、重いものを持つ習慣などが組み合わさることで発症しやすくなると考えられており、とくになで肩の女性に多くみられます。神経の障害が持続することで筋力が低下し、それにともなって握力の低下や指先が不器用になるなどの症状もみられるほか、血管が圧迫されることで、皮膚が白くなったり、青紫色になったりすることもあります。

治療

姿勢の矯正や生活習慣の改善などの発症予防と、痛みなどを緩和する消炎鎮痛剤などを使った薬物療法があり、物理的な圧迫が強い場合には、手術をすることもあります。

監修

前田裕輔 (まえだ・ゆうすけ)

グランプロクリニック銀座院長

関西医科大学卒。内科専門医、日本抗加齢医学会専門医。

https://granpro-clinic.com/

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE