からだ

【展示会レポート】メガネブランド「ゾフ(Zoff)」が春夏新作コレクションを約300種お披露目!

メガネブランド「ゾフ(Zoff)」が、創業以来初となる新作展示会『Zoff TOKYO SHOWCASE -2019 SUMMER COLLECTION-』開催。
初夏から夏に向けての最新メガネ、そして2019SSに登場するトレンドを盛り込んだ新作サングラスを中心に展示、さらには過去のアーカイブ展示やムービーコーナーも設けられました。
クロワッサンオンラインレポーターが参加してきたので、写真たっぷりで紹介します!
  • 写真・文 クロワッサンオンラインレポーター izumin
展示は300種の紹介だが、実際はサングラスだけでも、540種類のフレームと50種類以上のカラーレンズを取り揃えているという。
メガネ型ルーペ『Zoff DECA』は2019年3月1日(金)より50店舗で発売中。
メガネ型ルーペ『Zoff DECA』は非球面レンズを採用、豊富なデザイン&カラーを揃えています。
ポップ・アートの巨匠、アンディ・ウォーホルとのコラボレーションアイウェア。
『Zoff × Gaspard et Lisa(ゾフ × ガスパールとリサ)』
展示は300種の紹介だが、実際はサングラスだけでも、540種類のフレームと50種類以上のカラーレンズを取り揃えているという。
メガネ型ルーペ『Zoff DECA』は2019年3月1日(金)より50店舗で発売中。
メガネ型ルーペ『Zoff DECA』は非球面レンズを採用、豊富なデザイン&カラーを揃えています。
ポップ・アートの巨匠、アンディ・ウォーホルとのコラボレーションアイウェア。
『Zoff × Gaspard et Lisa(ゾフ × ガスパールとリサ)』

メガネブランド「Zoff(ゾフ)」が、ブランド初となる2019SS展示会を開催。
初夏から夏に向けた新作を、〈レトロ〉〈クラフト〉〈フューチャー〉〈ファンクション〉といった4つのカテゴリーで展示。約300種にも及ぶ、最新メガネや新作サングラスがお披露目されました。

〈レトロ〉
トラディショナルなシェイプを80年~90年代スタイリングで現代版にリバイバル。

〈クラフト〉
アメリカンクラシックなヴィンテージフレームをベースにメタル素材を使用し、アレンジした新定番のコンビネーション・シリーズ。

〈フューチャー〉
ハイストリートのファッションコーディネートを意識、トレンドのステンレスシートメタルを使用したミニマルなシリーズ。

〈ファンクション〉
紫外線対策や着脱式の2WAY仕様のサングラスをはじめ、優れた素材や機能性を持つシリーズ。

〈レトロ〉トラディショナルなシェイプを80年~90年代スタイリングで現代版にリバイバル。
〈レトロ〉トラディショナルなシェイプを80年~90年代スタイリングで現代版にリバイバル。
〈レトロ〉フレーム太めでカラフルなデザインがかわいい!
〈クラフト〉アメリカンクラシックなヴィンテージフレームをベースにメタル素材を使用し、アレンジした新定番のコンビネーション・シリーズ。
金属や多角形(五角形・六角形)のフレームにカラーレンズの組み合わせがお洒落!
今までの濃いサングラスとは違う、薄いレンズやメタルのサングラスは、顔の印象をぱっと明るくしてくれる。
〈レトロ〉トラディショナルなシェイプを80年~90年代スタイリングで現代版にリバイバル。
〈レトロ〉トラディショナルなシェイプを80年~90年代スタイリングで現代版にリバイバル。
〈レトロ〉フレーム太めでカラフルなデザインがかわいい!
 〈クラフト〉アメリカンクラシックなヴィンテージフレームをベースにメタル素材を使用し、アレンジした新定番のコンビネーション・シリーズ。
金属や多角形(五角形・六角形)のフレームにカラーレンズの組み合わせがお洒落!
今までの濃いサングラスとは違う、薄いレンズやメタルのサングラスは、顔の印象をぱっと明るくしてくれる。

せっかくの機会なので、ただ見るだけでは無く、メガネやサングラスを幾つも着用してみることに。

メガネやサングラスのトレンドは、2004年頃からヴィンテージやクラシックスタイルが主流ではあったものの、ここ数年でファッションがまた大きく変わってきたことから、最近は金属や多角形(五角形・六角形)などのフレームも人気だとか。

クロワッサン世代には一見難しそうに思える、ハイトレンドのフレームを試しにかけてみると……思いの外しっくりくることが判明!

〈ファンクション〉メガネにマグネットがありワンタッチでサングラスのレンズをつけられる『Zoff NIGHT & DAY(ゾフ・ナイト&デイ)』
〈ファンクション〉2WAYタイプは本当に便利です(実は私も愛用中です!)
立体的なフレームの理由は、横から紫外線を入りづらくする為だそう。
どのサングラスも顔にフィット、とてもかけやすいです。
クリアレンズでも紫外線を100%カットする『Zoff UV クリアサングラス』
クリアレンズでも紫外線を100%カットする『Zoff UV クリアサングラス』
パソコンやスマートフォンによるブルーライトを軽減してくれるメガネも人気です。
〈ファンクション〉メガネにマグネットがありワンタッチでサングラスのレンズをつけられる『Zoff NIGHT & DAY(ゾフ・ナイト&デイ)』
〈ファンクション〉2WAYタイプは本当に便利です(実は私も愛用中です!)
立体的なフレームの理由は、横から紫外線を入りづらくする為だそう。
どのサングラスも顔にフィット、とてもかけやすいです。
クリアレンズでも紫外線を100%カットする『Zoff UV クリアサングラス』
クリアレンズでも紫外線を100%カットする『Zoff UV クリアサングラス』
パソコンやスマートフォンによるブルーライトを軽減してくれるメガネも人気です。

また、実用的なシリーズ〈ファンクション〉は、特におすすめ。
クリアレンズでも紫外線を100%カットする『Zoff UV クリアサングラス』、目に入る花粉の侵入を防ぐフード部分の着脱ができる新構造花粉対策メガネ『Zoff +PROTECT(ゾフ・プロテクト)』、メガネにマグネットがありワンタッチでサングラスのレンズをつけられる『Zoff NIGHT & DAY(ゾフ・ナイト&デイ)』は、実際に使ってみると機能性の高さに驚くはずです。

メガネやサングラスの基本的な機能をしっかりと備えつつも、使いやすさ、デザインの豊富さ、お洒落であることをモットーに、価格帯も手に入りやすい点がとても魅力的に感じました。

過去のアーカイブ展示やムービーコーナー。
『ゾフ・スマート』の進化の歴史を確認できるコーナーも設けられていました。
現在販売中の『ゾフ・スマート』。
過去のアーカイブ展示やムービーコーナー。
『ゾフ・スマート』の進化の歴史を確認できるコーナーも設けられていました。
現在販売中の『ゾフ・スマート』。

「ゾフ」を手がけるインターメスティックのクリエイティブデザイン室の高島郷プロデューサーによると

「2001年に下北沢に第一号店がオープンした。その当時にお客さまであった20代~30代の若者たちが年を重ね、今では顧客層の年代も30代~50代へと広い年代にシフトしている。今後も機能性などをより強化しながら、キッズからシニアまでといった幅広い世代に向けて商品展開をしていく。そして“TOKYOブランド”としての地位を確立すべく、グローバル展開も強化していく」

とのこと。

顔の印象を変えてくれるメガネやサングラスを主役に、日々の生活スタイルやファッションと一緒にコーディネートする楽しさを皆さまにも体感して欲しいです。(クロワッサンオンラインレポーター izumin)

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE