Vol.47 尿の色がいつもと違うんです。【40歳からのからだ塾WEB版】 | 医療と健康 | クロワッサン オンライン
からだ

Vol.47 尿の色がいつもと違うんです。【40歳からのからだ塾WEB版】

前回はトイレの回数についてでしたが、今回は「尿の色」の悩みについてです。尿の色がいつもと違う、例えば血尿が出たとき、または尿検査で「尿に血が混じっています」とか「尿潜血陽性です」といわれたりすると、何か重大な病気ではないかと不安になりますよね。
尿の色が変化した時や尿に血液が混じるようなときには、どんな原因が考えられるのか、心配ないときと受診が必要な時の見分け方は?などについて、泌尿器科医の小内友紀子さんに聞きました。
  • 文・及川夕子 イラストレーション・小迎裕美子

尿の色が濃くなったら?

「尿の色は、通常、薄い黄色や黄褐色をしていますが、食べたものや飲んだもの、薬やサプリメントの影響で変わることがあります。尿の色が少し濃くても、病気であることはそう多くはありません」と、泌尿器科医の小内友紀子さん。

例えば、運動して汗をかいた後や起き抜けには尿の色が濃くなります。このような場合、あまり心配はいらないそうです。

尿の色が赤い、血尿が出たときは?

尿が目で見て赤い、紅茶のように茶色っぽいなどの場合は、「血尿」の可能性があり、これを「肉眼的血尿」といいます。

「血尿は、尿に血液中の赤血球が混じったもの。尿の通り道のいずれの場所で出血していても原因になり得ます」と小内さん。

具体的な原因と対処法を見て行きましょう。

【血尿が出る主な病気】

尿の通り道は、腎臓、尿管、膀胱、尿道の順番。これらのどこかに異常がある場合、病気が考えられます。

膀胱炎:排尿後の痛み、残尿感、トイレが近いなどの症状を伴い、抗生物質の投与でよくなる。 尿路結石や腎盂炎:右か左の背中の激しい痛みと血尿が見られるケースが多い 泌尿器科系のがん:特に症状がない場合も。「中年以降でかつ喫煙者の場合には強く疑います」(小内さん)

【心配ないケース】

マラソンなど踏み込む動作の多いスポーツをする人では、溶血性の血尿が出ることがあります。

小内さんによると、中年以降でかつ喫煙者では、泌尿器科系のがんが見つかる頻度が高くなるそう。「なんの前触れもなく突然血尿が出た場合や、膀胱炎かもしれないといわれ抗生剤を飲んでも症状を繰り返すような場合には、膀胱がんなどを疑いきちんと原因を精査することが大切です。泌尿器科を受診し、超音波検査や尿細胞診、膀胱鏡(膀胱の中をのぞく内視鏡検査)などを受けましょう」 また、「女性で非喫煙者であれば、膀胱がんのリスクは低い」とのことですが、それでもやはり「血尿が続いていたら放置せず、一度泌尿器科を受診しておくことを勧めます」とのこと。腎臓、膀胱に病気がないことを、きちんと確認することが大切ですね。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE