からだ

医師が認める予防医療効果。
「森林セラピー」で自分の力を取り戻す。

森の力を、生活習慣病予防やメンタルヘルスのために活用しようという「森林セラピー」が注目されている。今まで「なんとなく効果がありそう」と感じていた森林浴の効果を、科学的に解明。さらに医学的なエビデンス(証拠)でも裏づけて、現代社会の健康問題に対応していこうという取り組みだ。さっそく参加してみた。

文・岩瀬大二

初心者にも歩きやすい「奥志賀白樺苑路コース」

初心者にも歩きやすい長野県・奥志賀高原の「奥志賀白樺苑路コース」。

注目が高まりつつある「森林セラピー」。効果は実感できるのか? それが知りたくて、医師と一緒に森を歩く「医師と歩く森林セラピーロードin奥志賀高原」に参加した。同行する医師は、国立病院機構東京医療センターで形成外科医長として勤務する落合博子先生。

国際自然・森林医学会認定の森林セラピーの専門医でもある先生によれば、これまでの研究結果として、「癌になりにくい体づくり」「うつ状態の改善」「精神的ストレスに有効」「血圧と血糖値を低下させ生活習慣病を予防」「リラックス効果と脳の沈静化」「健康増進」といった効果が実証されているという。

「でも森では、健康効果とか、正しい姿勢で歩かなければなど、難しいことは考えなくていいんです。森に入ったらただただ五感を意識しましょう。香り、音、木に触れる感覚などを大切に」。

疲れたら休んでいい、登山のように頂上を目指すような目的もなくていい。むしろ無理は禁物。そんなアドバイスのおかげでリラックスした気持ちで森に入った。

「奥志賀白樺苑路コース」入口。森に入る前には軽くストレッチをおこなう。

「奥志賀白樺苑路コース」入口。森に入る前には軽くストレッチをおこなう。

ガイドに導かれ、ひとかたまりになって歩く。

ガイドに導かれ、ひとかたまりになって歩く。


 

お気に入りのブナの木を見つけて抱くという体験。

秋の奥志賀高原の森林セラピーコースは、一歩踏み出すと、ふかふかの落ち葉のクッションが、極上のカーペットの上を歩いているような気持ちにさせてくれる。ウォーキングシューズや軽やかなトレッキングシューズならではの足から伝わるやさしさ、ぬくもりはまた格別。10分も歩けば、気持ちが自然にほどけていく。

森林セラピーは基本的に軽装での参加がOK。歩きやすい靴で。

森林セラピーは基本的に軽装での参加がOK。ふだん履き慣れた、歩きやすい靴で。

この日は紅葉も真っ盛り。ただし、森林セラピーの効果が一番高いのは初夏から夏にかけてなんです、と落合先生。

この日は紅葉も真っ盛り。ただし、森林セラピーの効果が一番高いのは実は初夏から夏にかけてなんですよ、と落合先生。

同行してくれる森林ガイドから、奥志賀高原の植物や森のあれこれを教えてもらいながら、ゆったり、ゆっくり歩く。木の葉の見分け方を教えてもらったり、ドングリを拾ってみたり。この日は珍しいキノコも見つかり、「今日参加されたみなさんは、ラッキーですね」。

森を知り尽くすベテラン森林ガイド。森林セラピーの効果から木々の種類、植物まで豊富な知識をもつ。

森を知り尽くすベテラン森林ガイド。森林セラピーの効果から木々の種類、植物まで豊富な知識をもつ。

似た葉でも葉脈のカズか違うんですよ、と教わりつつ歩くのも楽しい。

似た葉でも木の種類が違えば葉脈の数や形が違うんですよ、と教わりつつ歩くのも楽しい。

ベニテングタケ。毒キノコながら幸福のシンボルなんだとか。

ベニテングタケ。毒キノコながら幸福のシンボルなんだとか。

途中に「お気に入りのブナの木を選んで抱いてみましょう」というプログラムがあった。抱いてみると、最初は硬く、冷たいと感じていたブナと不思議に呼吸が合ってくるようで、少しずつやわらかく、温かみを感じられていく。続いて、そのブナの下にシートを引いて仰向けに寝そべってみる。目を閉じると、落ち葉のベッドのやわらかさとあたたかさの中、森の空気、土、そして生命と一体化したような感覚が味わえる。目を開けると、風の香りまで感じられるほどだった。体を起こすと、香り豊かで温かい、紅玉とカモミールのお茶が用意されていたのもうれしかった。

ブナ林のある斜面からはこんな美しい展望を望むことができる。

ブナ林のある斜面からはこんな美しい景色を望むことができる。

お気に入りのブナの木に抱きついてみる。だんだんあたたかく、木と自分が一体化してくるのがわかる。

お気に入りのブナの木に抱きついてみる。だんだんあたたかく感じ、木と自分が一体化してくるのがわかる。

落ち葉の上に寝そべって目を閉じる。さあっと風が梢を渡っていく音だけが聞こえる。

落ち葉の上に寝そべって目を閉じる。さあっと風が梢を渡っていく音だけが聞こえる。

目を開けると、見えたのはこんな風景。「もっとゆっくり目を閉じていたかったかった!」と参加者が口々に。

目を開けると、見えたのはこんな風景。「もっとゆっくり目を閉じていたかった!」と参加者が口々に。

 

森林セラピーの効果は最長1か月持続する。

帰り道は、リラックスと高揚感であっという間。最後に、森に入る前に測定していた血圧、ストレス値を、再びチェック。血圧が下がって適正値になった人やストレス値が大幅に下がった人からは驚きの声が上がる。個人差はあるが、適切な指導のもとでたった1時間30分、森を歩いただけで改善を感じられるのは楽しい。

先生によれば、こうした森林セラピー効果は7日〜1か月続くという。日本には、現在、生理・心理・物理の面の実験から癒し効果が検証された「森林セラピー基地」や「セラピーロード」が全国60か所にあるので、みなさんも住まいから気軽に行ける場所であったり、好きな観光地の近くにある場所などから定期的に楽しむことをおすすめしたい。

森を出る前に最後のストレッチ。心身がほぐれていることがここで実感できる。

森を出る前に最後のストレッチ。心身がほぐれていることがここで実感できる。

出発の時と同じく血圧とストレス値を計測。ストレス値は唾液に含まれるアミラーゼの量でわかる。

出発の時と同じく血圧とストレス値を計測。ストレス値は唾液に含まれるアミラーゼの量でわかる。


奥志賀高原もそのひとつで、本物の自然と、歩きやすく、安心・安全でストレスのないほどよい環境が両立された場所だ。今回はファミリーや初心者向けで全長3.7Km、所要約1時間30分の「奥志賀白樺苑路コース」を歩いたが、体力や経験、自然体験のレベルなどにあわせて5つの「森林セラピーロード」が用意されている。また、快適なホテルや落ち着くペンションなど揃っているのもうれしい。近隣の湯田中渋温泉郷では湯めぐりが楽しめるほか、世界中から観光客が訪れるサル専用の露天風呂がある地獄谷温泉などもあり、新緑の季節から、夏の避暑、星空観察、秋の紅葉、冬のスキーなど、森林と合わせてゆっくり楽しむのもいいだろう。

最後に落合先生からこんな言葉があった。「森が滅びると文明が滅びる。そんな定説もあります。それは環境面からだけではなく、人の心が廃れていくということも大きいのかもしれませんね」。

都会で生きていくために必要な心と体の健康。森林セラピーは、今を生きる私たちが、自然への敬意を表する機会であり、人間本来の感覚を取り戻すものといえるのではないだろうか。

落合博子先生。医学博士。国立病院機構東京医療センター 形成外科医長。眼周囲疾患、顎顔面疾患、乳房再建などの専門家でもある。2011年より発足した国際自然・森林医学会が認定する、32名の森林医学専門医のひとりとして、研究および、各地で森林セラピーや講演などの活動をしている。

落合博子先生。医学博士。国立病院機構東京医療センター 形成外科医長。眼周囲疾患、顎顔面疾患、乳房再建などの専門家でもある。2011年より発足したINFOM(国際自然・森林医学会)が認定する、32名の森林医学専門医のひとりとして、研究および、各地で森林セラピーや講演などの活動をしている。

取材協力:山ノ内町農林課、志賀高原観光協会、志賀高原ガイド組合

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE
TAGS
#ヘルス