からだ

5月25日発売の『クロワッサン』最新号は「女性ホルモンを味方につける!」

梅雨入りまでカウントダウンが始まりました。不安定な天候の影響もあって、なんとなく調子が悪い、疲れが取れない……。そんな方も多いのではないでしょうか。女性のからだは繊細。特に更年期を迎えているなら、なおさらです。無理をせず、自分自身を優しくいたわる時間も必要ですね。更年期の不調のメカニズムがわかってきた今、対処法もいろいろ。生活習慣を見直したり、食生活を工夫したり。「推し活」も絶大な効果があるそうです。仲間とともに、つかの間、少女にもどってときめく時間は、どんなお薬よりも効きそうです。

女性みんなが通る道。自分に合った方法をチョイスして、この「女の人生の難所」を、共に乗り越えましょう!

教えて! 高尾美穂さん。
女性ホルモンとの付き合い方。

30代後半から減り始める女性ホルモン。とくに、女性を健康に若々しく保ってくれていたエストロゲンを失うことで、体の中も見た目も大きく変化します。では、補う方法はあるのか? セルフケアはどこまで必要なのか?自身も更年期という医師の高尾美穂さんに、更年期かも? と悩む平松昭子さんが質問。「知ること」こそ、女性ホルモンを味方につけ、望む人生を生きる第一歩だから。

幸せ感を高めて乗り切る秘訣、
脳から攻める“ホル活”とは?

女性ホルモンは増やせなくても、「幸せホルモン」を増やすことは可能! 今日からできる〝ホル活〟を実践して、健やかな毎日を送ろう。

集中力の低下→豚肉
イライラ、パニック→レバー
物忘れ、記憶力の低下→納豆×卵黄

年齢のせいではなく、栄養不足かも?
更年期の不調に効く食材と食べ方。

作るのが億劫で日々の食事がおろそかになっていませんか? 心と体の症状を和らげてくれる、手軽なレシピを紹介します。

人生の質をも左右することだから。
真面目に考える、大人のセックス学。

プライベートなことなので話題にしにくく、誰にも相談できず蓋をしがちなセックスの問題。最新医学の観点から悩みを解消していきます。

ながらかかと落とし:ほどよい刺激を骨に与え、骨を作る骨細胞を活性化。

簡単だから今すぐ始めよう!
未来のための「骨活」プログラム。

骨折しやすくなる骨粗鬆症の症状は、早ければ40代、50代から出現。早期の予防と対策が明るい未来を作ります。

CONTENTS

croissant No. 1070
クロワッサン(5月25日発売)

心も体もラクに、みずみずしく生きる鍵。
女性ホルモンを味方につける!

教えて! 高尾美穂さん。
女性ホルモンとの付き合い方。

幸せ感を高めて乗り切る秘訣、
脳から攻める“ホル活”とは?

女性ホルモンを維持するために、
ときめき習慣で心に刺激を。

年齢のせいではなく、栄養不足かも?
更年期の不調に効く食材と食べ方。

自分をじっくり見直すチャンス。
体調の変化が教えてくれたこと。

簡単だから今すぐ始めよう!
未来のための「骨活」プログラム。

大事な体のために知りたい、
「ホルモン補充療法(HRT)」って?

心身のあちらこちらで悲鳴が…。
解決したい、不定愁訴の数々。

筋肉をつまんで引っ張って揺らす。
更年期の不調にリンパマッサージ。

人生の質をも左右することだから。
真面目に考える、大人のセックス学。

いくつになっても健やかに。
そのために不可欠な、膣のケア。

閉経を過ぎると一体どうなる…?
体・恋・欲望について本音で話そう。

読者のリアルな悩みから考える、
「性」にまつわるよろず相談室。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。