からだ

耳鼻咽喉科医がすすめる、感染症対策のための鼻の粘膜の乾燥予防。

鼻や口のなかを覆う粘膜が乾燥や炎症によって荒れると、細菌やウイルスと戦う免疫力が低下してしまいます。
液で適度に湿った「うるうる粘膜」を維持するには、どうすればよいのかを紹介します。
  • 文・山下孝子 イラストレーション・松元まり子

粘膜は外敵との戦いの最前線。

人間の鼻や口はのどの部分で合流し、そのまま食道、胃、腸、肛門まで一本の管(消化管)でつながっており、その内側は粘膜によって覆われています。

粘膜はカラダの内側でありながら呼吸や食べ物に含まれる異物に接する場所でもあるため「内なる外」とも表現される部分で、細菌やウイルスなど人体に有害なものが侵入してきたときに備えて、高い免疫力を持っています。

しかし、粘膜の免疫力が高いのは粘液によって常にうるおっているからです。乾燥や炎症によって粘膜がガサガサに荒れてしまえば、免疫力は低下してしまいます。

そこで、粘膜のうるおいを保つためにはどうしたらよいのか、インドの伝統医学アーユルヴェーダを診療に取り入れている、耳鼻咽喉科の医師である北西剛さんに話を聞きました。

粘膜を荒れさせる要因は複数あり、適度に湿った「うるうる粘膜」を維持するためのルールを紹介します。

肌と同じく鼻の粘膜もオイルで保湿できる

いつも湿っているイメージの強い鼻の粘膜ですが、湿度が低い厳しい冬になると乾燥することも多くなるので、肌と同じく保湿して乾燥を予防します。

オイルを使って、 鼻の粘膜をしっかり保湿する。

●鼻呼吸のメリット。

鼻毛がウイルスや細菌などをからめとって侵入を防ぐうえ、鼻で吸った空気はのどを通るまでに適度に加温と加湿され、のどの粘膜を冷やさずにすむ。

空気が乾燥すると鼻の穴も乾燥する。

日本では冬になると空気が乾燥するため、夏よりもスキンケアに時間を割く女性は多いでしょう。

しかし、肌が乾燥する環境は粘膜にとってもよくありません。粘液によって常に適度に湿っている鼻の粘膜も湿度が低いと乾燥し、鼻をかみたいのに鼻水が出ない、鼻の奥がむずむずするといった症状のドライノーズ(乾燥性鼻炎)になってしまいます。悪化すると鼻血が出てしまうこともあるそうです。

「冬に多い鼻の粘膜の乾燥を予防するためには、まず加湿器などを使って湿度を上げる必要があります。
湿度が40%以下になるとウイルスの活動性が上がり、粘膜の繊毛運動が低下しやすくなる一方で、60%以上になるとダニやカビが繁殖しやすくなります。
加湿器を使うと湿度が急激に上がることもあるため、湿度計で正確な湿度をこまめに測れるようにしておくとよいでしょう」

ただし、貯水部分で細菌やカビが繁殖すると空気中にまき散らすことになるので、こまめな手入れも大切とのことです。

なお、布団が湿りそうだからと寝室で加湿器をつけるのを敬遠する方もいますが、その場合はどうしたらよいでしょうか。

「マスクを着けて寝る方法も効果的ですが、今は寝るときまでマスクは着けたくない人も多いでしょうね。水気を絞った濡れタオルを枕元に置くのが一番簡単で効果的ですね」

加湿以外で北西さんがすすめる鼻の粘膜の乾燥予防は、セサミオイルを鼻にたらすアーユルヴェーダの治療法です。鼻炎の症状を改善させた臨床の報告もあるそうで、期待できます。

ユーカリやペパーミントなど、抗炎症作用があり鼻やのどの粘膜にやさしいアロマオイル、コパイバマリマリという南米産のケアコスメ、さらに乾燥した口のなかで雑菌が繁殖しないように口呼吸を鼻呼吸にすることなども、鼻の乾燥や炎症の予防に効果があります。

ちなみに、花粉症で用いられる鼻うがいはインフルエンザや新型コロナの予防に有効でしょうか。

「残念ながら、鼻うがいによる新型コロナの予防効果については、現時点では研究がなされていないので何も言えません。ただ、インフルエンザやこれまでのコロナウイルスの予防や発症後の早期回復には、鼻うがいが有効であるという研究結果がすでにありますので、今後の研究が待たれますね」

室内の湿度50~60%をキープ。

1.オイルを2、3滴点鼻する。

●鼻の穴のふちに塗ってもOK。

スポイトでセサミオイルを点鼻し、オイルを鼻からのどに通す。抵抗がある場合は、綿棒で鼻の穴のふちに塗っても鼻の穴の保湿効果が得られる。

2.抗炎症作用のあるアロマオイルを使う。

●アロマの成分で粘膜を強化!

ユーカリやペパーミントのアロマオイルを、40度ぐらいのお湯に数滴たらし、蒸気と一緒に立ち上る香りを吸引することで鼻の粘膜の炎症が改善する。

3.樹液由来のケアコスメもおすすめ。

20ml 7,124円 問サポートジャングルクラブ TEL.0120-86-5818

●樹液なので使い方はさまざま。

アマゾンに生育するコパイバという木の樹液には抗炎症効果があり、香りを楽しむだけでなく、飲み物に混ぜて飲んだり、肌に塗ったりできる。

聖木樹液 コパイバ マリマリ
アマゾン最源流部に自生しているコパイバの木から、伐採しない伝統的技法を使って採取した樹液を原材料とするケアコスメ。最上質のマリマリ種のみを使用しており、希少性が高い品。

4.舌を鍛えて口呼吸を予防。

●口の開きっぱなしを改善できる。

口中環境を悪化させ副鼻腔炎のリスクを高める口呼吸は、舌の筋肉の衰えも要因。加齢だけでなく、コロナ禍による会話の減少も衰えに拍車をかけている。

【 舌トレーニングの方法 】

●舌を下に出す。

舌で下あごの先端を触るつもりで、思い切り舌を下向きに伸ばす。
 ↓

●舌を上に出す。

舌で鼻の頭に触るつもりで、思い切り舌を上向きに伸ばす。
 ↓

●舌を左右に出す。

舌で頬に触れるつもりで、思い切り舌を左右に伸ばす。
 ↓

●口の周りに舌を動かす。

右回りを3回、左回りを3回、思い切り伸ばした舌をぐるりと回す。
 ↓

●スプーンで舌を押す。

舌を押すスプーンに抵抗するように、舌を上げる。

北西 剛

北西 剛 さん (きたにし・つよし)

医学博士

きたにし耳鼻咽喉科院長。滋賀医科大学卒業。専門である耳鼻咽喉科領域の日本耳鼻咽喉科学会専門医、日本気管支食道科学会専門医に加え、日本アーユルヴェーダ学会理事長や日本東方医学会理事など伝統医学の分野でも多くの資格・役職を持ち、患者に対して幅広い治療の選択肢を提供している。『「うるうる粘膜」で寿命が延びる!』(幻冬舎)など、著書多数。

『Dr.クロワッサン 感染症に負けない、カラダをつくる。』(2020年11月30日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。