からだ

〈プラスニド あなたになじむあきのはらまき〉体の感じる温度を2℃上げて快適に。

  • 撮影・青木和義(商品) 文・大澤はつ江

─プロがリコメンドする=プロリコで、毎日がもっと豊かになります。─

上質で心地よいものを長く使い続けたい。各分野のプロが試して納得。体を健やかに元気にしてくれるものをリコメンド(推薦)してくれました。

秋にぴったり、絶妙の薄さ。
秋専用がうれしいですね。

岸本葉子さん(きしもと・ようこ)
エッセイスト
日常の何気ないひとこまを独自の目線で描き出すエッセイが人気。著書に『50代、足していいもの、引いていいもの』(中央公論新社)など多数。

「腹巻きの経験は子どものころ、夏場になると母から『寝冷えをするから腹巻きをしなさい』と言われ、昔ながらの厚みのあるものをお腹に。次は40代のころ。知人から遠赤外線の繊維を使用した腹巻きをすすめられて。これは圧迫感があり苦しくてだめでしたね」

特に冷え性、というわけではないが、季節の変わり目に体が冷える感じがある、という岸本葉子さん。

「今年は猛暑で、冷房を使う期間が長かったせいか、背中やお腹周りがずっと冷えているような気がして……」

そこで、岸本さんに“あなたになじむあきのはらまき”を試してもらった。

「最初に手に取ったときに、幅が狭い? と思ったのですが、よく伸びて、かつ伸びが戻るときにある圧迫感がないのに驚きました。締め付け感もなくお腹周りをしっかりサポートしてくれる。しかも、秋用なので、冬用と比べて若干薄手。絶妙な厚さでゴワつきもなし。この薄さならウエアにも響かないと思います」

プラスニド あなたになじむあきのはらまき

ひんやりしだす朝晩。寒さが増してくる季節に、腹部を温めることで、女性特有の冷えを解消することができるともいわれている。

「確かにお腹が温かいと、体の末端まで温まるような気がします。ところでこの腹巻き、オーガニックコットンなんですね。それもうれしいポイント」

まるで女性が腹巻きを着用しているように見えるかわいいパッケージ。

3年以上農薬や化学肥料を使用しない畑で栽培された綿花を、化学薬剤を使わずに糸にする。その糸を筒状に「丸編み」し、職人の手で仕上げる。

「だから大量生産には表現できない温かみが生まれるんですね。納得です」

プラスニド あなたになじむあきのはらまき
無農薬・化学肥料不使用の農地で生産されたオーガニックコットンを使用、季節に合わせた厚さと長さの腹巻き。肌触りはもちろん伸縮性も抜群。2,800円。(問)ゲンナイ製薬 〈フリーダイヤル〉0120-460-242
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。