からだ

老け顔を作る「シミ・そばかす」の悩みをメイクで解決!

シワ、シミ、くすみは大人なら誰もが持つ悩み。100%隠そうとせず、光と色でぼかす。このテクニックを使って、若々しい印象をキープしたい!
  • 撮影・天日恵美子 ヘア&メイク・レイナ スタイリング・白男川清美 文・今井 恵

お悩み 2【シミ・そばかす】出産後に濃くなったシミで、子どもと一緒に写真が撮れない!

BEFORE

1.Dの下地を顔の5点に置き、中心から外へ、下から上へと顔全体にのばす。「このベースは肌はしっとりしながら、コンシーラーが適度に密着するのでお勧め」
2.Cのファンデーションを、きちんと塗りたい部分である目の下の逆三角形ゾーンやあご先、額に置き、顔の外側に向かってのばしていく。
3.ファンデーションを中心から外へとのばすことで、顔まわりが薄く、自然なグラデーションになる。それが顔立ちに立体感を与えるので、つけ足しはしないで。
4.のばす時の時短テクのひとつとして覚えておきたいのが両手塗り。鼻を覆うように両手で三角を作り、耳に向けてスライド。自然にファンデがのばせる。
5.手に残ったファンデーションをスポンジで擦り取る。シミやそばかすなど気になる部分に重ね塗りするためなので、足りなそうでもつけ足しは厳禁。
6.シミが気になる部分にポンポンとスポンジでファンデーションを重ねる。この後にコンシーラーを使うので、適度に重ねれば充分。
7.広い範囲に散らばる薄いシミは、Bのコンシーラーの左の明るい色をブラシに取り、少しずつ重ねる。目尻周辺は皮膚が動いてよれやすいので、ごく薄く。【POINT】コンシーラーは、量で消すのでなく、色で消す。
8.濃いシミはBのコンシーラーの2色を自分の肌色にブレンドしてチップに取り、薄く重ねる。大きなシミの場合、境目部分(シミの輪郭)にもなじませる。【POINT】コンシーラーはシミよりひと回り大きくカバーする。
9.見た目はまったくシミが気にならない。こんなふうに、コンシーラーでシミは充分カモフラージュできる。
10.Aのパウダーをパフに含ませたら、手のひらを使って余分な粉を落としておく。コンシーラーを密着させるために重ねるので、パウダーは少量で充分。
11.シミの上に塗ったコンシーラーを、パフで軽くプレスして密着させる。パフを動かすとコンシーラーがよれる原因になるので、動かさず押し込むように。【POINT】コンシーラーが よれないよう、パフで上からそっと押す。
12.顔全体にもブラシでパウダーをつける。こちらもブラシにパウダーを含ませたら、手の甲などで余分な粉を落とし、パフでつけた部分はこすらないようにする。
1.Dの下地を顔の5点に置き、中心から外へ、下から上へと顔全体にのばす。「このベースは肌はしっとりしながら、コンシーラーが適度に密着するのでお勧め」
2.Cのファンデーションを、きちんと塗りたい部分である目の下の逆三角形ゾーンやあご先、額に置き、顔の外側に向かってのばしていく。
3.ファンデーションを中心から外へとのばすことで、顔まわりが薄く、自然なグラデーションになる。それが顔立ちに立体感を与えるので、つけ足しはしないで。
4.のばす時の時短テクのひとつとして覚えておきたいのが両手塗り。鼻を覆うように両手で三角を作り、耳に向けてスライド。自然にファンデがのばせる。
5.手に残ったファンデーションをスポンジで擦り取る。シミやそばかすなど気になる部分に重ね塗りするためなので、足りなそうでもつけ足しは厳禁。
6.シミが気になる部分にポンポンとスポンジでファンデーションを重ねる。この後にコンシーラーを使うので、適度に重ねれば充分。
7.広い範囲に散らばる薄いシミは、Bのコンシーラーの左の明るい色をブラシに取り、少しずつ重ねる。目尻周辺は皮膚が動いてよれやすいので、ごく薄く。【POINT】コンシーラーは、量で消すのでなく、色で消す。
8.濃いシミはBのコンシーラーの2色を自分の肌色にブレンドしてチップに取り、薄く重ねる。大きなシミの場合、境目部分(シミの輪郭)にもなじませる。【POINT】コンシーラーはシミよりひと回り大きくカバーする。
9.見た目はまったくシミが気にならない。こんなふうに、コンシーラーでシミは充分カモフラージュできる。
10.Aのパウダーをパフに含ませたら、手のひらを使って余分な粉を落としておく。コンシーラーを密着させるために重ねるので、パウダーは少量で充分。
11.シミの上に塗ったコンシーラーを、パフで軽くプレスして密着させる。パフを動かすとコンシーラーがよれる原因になるので、動かさず押し込むように。【POINT】コンシーラーが よれないよう、パフで上からそっと押す。
12.顔全体にもブラシでパウダーをつける。こちらもブラシにパウダーを含ませたら、手の甲などで余分な粉を落とし、パフでつけた部分はこすらないようにする。

AFTER

小沼奈緒子(おぬま・なおこ)さん●カフェ勤務。「出産後、シミが濃くなり、朝イチのすっぴんは5歳ぐらい老けた感じ(笑)。コンシーラーは色選びも難しく、苦手意識がありました」

「コンシーラーは力を入れず、そっと塗っていくんだなーと感心しました。肌全体が素肌っぽいまま、キレイになったのがうれしい!」

\これを使いました!/

A.きめ細かく、肌をふんわりやわらかく仕上げ、ファンデーションのくずれやテカリを防ぐフェイスパウダー。エスト ロングラスティング ルースパウダー〈ルーセント〉 4,500円(花王 TEL.0120-165-692) B.肌になじみやすい濃淡2色をブレンドし、ぴったりな色で悩みを解消できるコンシーラー。ルナソル シームレスコンシーリングコンパクト 4,000円(カネボウ化粧品 TEL.0120-518-520) C.12種類の日本産植物由来の美容エキスや保湿成分を配合。エクストラ リッチ グロウ クリーム ファンデーション 全7色 1万円(SUQQU TEL.0120-988-761) D.気になる凹凸、毛穴、シワを整えるクリームベースの下地。コンプリートフィット クリームベース 7,000円(アンプリチュード TEL.0120-781-811)

コンシーラーは苦手!という人には

「どうしてもコンシーラーが苦手な人には、こちらもオススメ」。ひと塗りでシミや気になる部分をカバー。厚塗り感が出ず、ツヤと素肌感のある仕上がり。カバーマーク フローレス フィット SPF35 PA+++ 全10色 各7,000円(カバーマーク TEL.0120-117133)
[教えてくれた人]レイナさん 2006年よりフリーのメイクアップアーティストとして活躍。雑誌や広告のほか、完全予約制のプライベートメイクレッスンや出張セミナーも。www.reina-make-up.com

タイプライターストライプのワンピース1万9000円(ティー TEL.03-3498-0701) 

『クロワッサン』1004号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。