Vol. 43 乳がん術後のセルフケアに役立つオイル | トピックス | クロワッサン オンライン
トピックス

Vol. 43 乳がん術後のセルフケアに役立つオイル

この連載コラムでは、女性医療ジャーナリスト、増田美加が“女性の医療最前線”を毎回お伝えしています。

今回は、スキンケアに役立つ美容オイルのお話。その名も「バイオイル」。このコラムでどうしても紹介したかったオイルなのです。

バイオイル 60mL ¥1,600 125mL ¥2,800(税抜)

バイオイル 60mL ¥1,600 125mL ¥2,800(税抜)

なぜかというと、「バイオイル」を販売している株式会社ジャンパールは、社を挙げて、乳がん患者さんの治療後のQOL(クオリティオブライフ)を応援しているから。

「バイオイル」は、傷が完治した後に肌に残る傷跡を、継続使用することで薄く目立ちにくくする「跡ケア」のための保湿化粧品の美容オイル。
傷が完治(表皮がくっつく、もしくは上皮化)した後、肌の表面に残ってしまう跡を、徐々に薄くするのを助ける効果があります。
軽い傷跡ケア すり傷跡、切り傷跡、ニキビ跡、虫刺され跡、軽度のやけど跡など
重い傷跡ケア 手術跡、ケガの跡、やけど跡から、妊娠線を含むストレッチマークまで
エイジングケア 乾燥による小じわを目立たなくします(効能評価試験済み)
臨床試験もしっかり行っています。

masuda_vol43_2
masuda_vol43_3


有用成分は、4種の植物由来成分(ラベンダーオイル、ローズマリーオイル、カモミールオイル、トウキンセンカエキス)と、2つのビタミン(ビタミンA、ビタミンE)。
そして、独自のデリバリー成分ピュアセリンオイルTM(PurCellin OilTM)を配合することで、有用成分を肌深部まで素早く浸透させ、傷跡ケア効果を発揮します。

オイルにありがちなベタベタ感がなく、サラッ。保湿効果は長時間あります。「跡ケア」だけでなく、顔~全身の保湿ケアやエイジングケアとしても使えます。

昨年9月には「乳がん手術体験者200名による意識調査」も行っています。

masuda_vol43_4

今、乳がん治療は多岐にわたり、手術だけでなく、放射線、ホルモン療法、抗がん剤、乳房再建手術…と、がん治療の進歩、向上とともに、さまざまな治療による副作用対策が重要になってきています。
乳がんは、家庭でも社会でも働き盛りの女性に多いがんのため、なおさら。特に女性は、皮膚トラブルについては敏感です。
手術の傷跡、癒着、ひきつれ、乾燥、肌荒れ、発疹、かゆみ、くすみ、爪の変化…。がん治療によってさまざまな皮膚トラブルが起こります。

副作用がひどいと、治療を途中で挫折してしまう女性も少なくありません。ですから、女性にとって、治療中、治療後の副作用対策としての肌ケアは、前向きに治療を継続するためにとても大事。治療を途中でやめてしまうことは、命にもかかわるのです。

今、医療現場では、アピアランス(外見)支援の重要性が認識されはじめ、国立がん研究センターでも、『アピアランス支援センター』がオープン。

株式会社ジャンパールは、日本で「バイオイル」をいち早く、乳がん患者さんQOLアップ、術後の傷跡、肌荒れケアに役立ててもらおうと、活動している実績ある会社です。
その先頭に立っているのが、バイオイル担当の宮地優美子さん。仕事を超えた情熱で活動している素晴らしい女性です。

「バイオイル」の製造元ユニオン-スイス社は、南アフリカ共和国に本社があるグローバル企業。「バイオイル」は英国、米国、カナダ、オーストラリア、イタリア、ドイツ、スイス、北欧、南米、香港、 南アフリカ共和国など世界94か国のファーマシーやドラッグストアで販売されています。

なかでも、日本のジャンパールは、乳がんや熱傷、形成外科、皮膚科、産科などの医療関係者、患者会で広く知られ、ジワジワと「バイオイル」の認知度、売上が上昇していることが評価され、2013年度、グローバルでThe Distributor of The Yearを受賞しました。

masuda_vol43_5

写真の後列左から、バイオイルの製造元ユニオン-スイス社のカントリー・ダイレクター マーク・コルベット(アジア・オセアニア担当)、CEO ジャスティン・レチャート(兄)、COO デーヴィッド・レチャート(弟)、前列左から、日本のジャンパールの宮地優美子さん、中原さん。

こんな企業がこれからも益々増えていってくれることを、私も乳がんサバイバーのひとりとして期待しています!

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE