くらし
ニュース

カリフォルニア・セントラルコーストの旅③

  • 取材・写真・文/斎藤理子

人気のフードマーケットには、オーガニックの店が大集合。

オーガニック食材や地産地消にこだわるサンタバーバラには、カジュアル・ダイニングから星付きまで、素晴らしいレストランがたくさんあります。そんな中で、サンタバーバラの味を気軽に味わうことができるのが、「サンタバーバラ・パブリックマーケット(Santa Barbara Public Market)」。

オリーブオイルやチーズ、バルサミコ・ヴィネガーの計り売り、ワインやクラフトビール、オーガニックのアイスクリームスタンドやカップケーキショップ、パン屋など地元生産者のオーガニックで手作りの食品を販売するショップが並ぶ中、近海物の魚介が味わえるレストランやメキシカンのレストランが点在しています。

特に、ラモン・ヴェラスケスシェフのメキシコ料理店「コラゾン・コシーナ(Corazon Cocina)」は必食。ファストフード店を装いつつ、使っている食材はすべてオーガニック。サルサやワガモーレもオリジナリティにあふれていて、その実力はちょっとタダモノではありません。タコスやブリトーは、アメリカではファストフードのイメージが強いけれど、カジュアルなのに本物のメキシカンが堪能できるここは、本当にオススメです。

1 2 3 4 5 7
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。