cat-health cat-life cat-monitor cat-presents cat-trend facebook info instagram line twitter youtube
くらし
ニュース

島田順子さんのいつも胸の中にある言葉“なんじ自身を知れ”

本好きの著名人に“人生で出会った一冊の本”を聞くインタビューシリーズ。今回はファッションデザイナーの島田順子さんです。
  • 撮影・岩本慶三 文・嶌 陽子

島田順子さんが、森本哲郎の『ソクラテス最後の十三日』を手にしたのは、20年ほど前。すでにトップデザイナーとしてフランスと日本を忙しく行き来していた頃だった。

「哲学に興味を持って、プラトンに関する本などを読み始めたのは、娘のバカロレア(フランスにおける大学入学資格試験)がきっかけです。“プラトンについて論述せよ”という問題が出たと聞いて、親の自分が何も知らないのは恥ずかしいと思ったの。それに、フランスでは、友だちとの食事やお酒の席でのちょっとした会話にも、哲学の話が自然と出てくるから、多少でも知っていないと、話についていけないんです」

そんな時期に、日本の書店でふと目にしたのがこの本。プラトンの師であったソクラテスという名前はもちろん、“最後の十三日”というタイトルの言葉が気になって、手に取った。

古代ギリシアの哲学者、ソクラテス。無実の罪に問われた彼が、死刑を目前にして、獄中で弟子たちとの議論や思索を続ける。脱獄すべきだと友人や弟子たちに勧められるも、法を犯すことをよしとせず、かたくなにそれを拒む。そんなソクラテスの最後の13日間を描いた小説だ。

島田さんの愛読書、『ソクラテス最後の十三日』(森本哲郎 /PHP文庫)。現在は、電子版で販売中。
1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE