ここまでできる! キッチンばさみの活用術。 | レシピとグルメ | クロワッサン オンライン
くらし
ニュース

ここまでできる! キッチンばさみの活用術。

まな板を汚すことなく何でも切れる、キッチンで大活躍する「キッチンばさみ」の活用法を紹介します。
  • 撮影・三東サイ 文・斎藤理子

材料を切ったら、そのたびに洗わなければならないまな板や包丁。混ぜたりこねたあとの油汚れもやっかいなボウル。料理にかかる時間の多くは、次の作業に移る前に使った道具を洗うことに費やされる。このストレスフルな作業を少しでも軽減するためには、そもそも調理道具を汚さなければいいそんな発想で、さまざまなアイデアを伝授してくれる島本美由紀さん。

「料理には〝切る〟作業が不可欠ですが、まな板を使うと肉汁が染みたり、野菜の色移りが落ちなかったりと、洗うのにけっこう手間がかかりますよね。私は特にキッチンばさみを多用しますが、包丁とまな板だけが切る道具じゃないという視線で見れば、身の回りに使える道具はたくさんありますよ」

【キッチンばさみ】

「食材の下処理は、キッチンばさみでほとんど大丈夫です。まな板をいちいち洗わなくてすむので楽だし、衛生的でもあるんです」

はさみは先端が尖っていて、刃りの長いものが使いやすい。気軽にあれこれ切ってみるには、食洗機にかけられる、刃を外すことができるなど、掃除しやすいタイプだと使い勝手がいい。

●アボカドの皮もはさみで。

アボカドのヘタにはさみを入れ、種にふれながら一周切り進め、半分に。
皮ごと4等分に切り分け、食べやすい大きさに刃先で切り目を入れる。
皮をひっくり返すようにして、中身をサラダボウルの上に落とす。

●少量のブロッコリーを茹でる。

湯を沸かした鍋の上で、必要な分だけブロッコリーをカットする。細かい切れ端があたりに飛ぶこともない。

●パスタや汁物の薬味トッピングに。

大葉、青ネギ、三つ葉香菜などの薬味もボウルや料理の上で直接切るだけ。細切りも簡単にできる。
缶にはさみを突っ込み、ちょきちょき。 そこから直接、鍋やフライパンへ。

●パッケージのままのキムチも。

炒飯用などに。まな板で切ると着色し てなかなか取れない悩みも解消。

●茹で卵をみじん切りにする。

マグカップに茹で卵を入れ、細かくなるまで切る。マヨネー ズなどを足して混ぜれば、サンドイッチの具やタルタルソー スが手軽にできる。底が丸いボウルなどよりも、マグカップ のほうが、具材を細かくカットしやすい。

●海老の殻と背わたを取る。

殻ごと頭から尾の付け根まではさみ を入れる。尾の先も切り、殻をむく。

●鶏肉のスジや余分な分量をカット

スーパーのトレイのまま、下処理をは さみで。まな板に頑固な油汚れがつく こともなく、包丁より作業もしやすい。

●きのこの石づきも簡単に。

パッケージを上手に開き、その上で根元をカット。いらない部分は、パッケージごとまとめてすぐに処分できる。

●サンドイッチを切り分ける。

包丁で切ると潰れてしまいがちなサ ンドイッチも、キッチンばさみならきれいに切れて、汚れも少ない。

●冷凍ベーコンを凍ったまま切る。

冷凍したベーコンや薄切り肉は解凍せず、鍋の上で切って調理へ。1、2枚ずつ小分けに冷凍しておくのがコツ。

『クロワッサン』939号より

●島本美由紀さん 料理研究家、ラク家事アドバイザー/「家事を楽しく簡単に!」をモットーに、テレビや雑誌で実用的なアイデアを紹介。『おもわず自慢したくなる料理のラクワザ333』(河出書房新社)など著書多数。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE