facebook instagram twitter youtube
ニュース

散らかった印象にならない、おしゃれな「見せる収納」の秘訣。

築40年の一軒家に家族3人で暮らす料理家の中川たまさん。たくさんの食器や保存瓶がまるで雑貨店のディスプレイのように並ぶ室内は見せる収納術のお手本です。
「家は海から近く湿気が多いので、風通しのいい場所に置いておくほうが食器の状態もいい気がするんです」(中川さん)

収納スペースが少ないからこそ、「見せる収納」に。

庭のグリーンが美しく、窓をあければ心地いい風がふわりと通り抜ける。料理家の中川たまさんが夫と娘の3人で暮らすのは、逗子にある築40年の一軒家だ。玄関から畳のリビングを抜けると、中川さんの持ち物の約8割がここに集まっている、というダイニングキッチンに繋がる。飛び込んでくるのは、センス良く棚に収められた、たくさんの食器や保存瓶、調理道具たち。まるで雑貨店のディスプレイのような趣だ。

「古い家なので収納スペースが少なく、賃貸だから棚を取り付けるわけにもいかなくて。それなら、と自分で収納用の家具をあちこちに置いて、見せる収納にしてしまおうと思いました。暮らしの匂いをしまい込んだ無機質な空間よりも、好きなものに囲まれているほうが落ち着くんです」

食器棚やガラスケースは、ここに来る前から愛用していたものがほとんど。キッチンカウンターの下の格子状の棚(下写真)のみ、サイズを測って夫に作ってもらった。

「使い込んだ家具は古い家によく馴染みます。夫が作った棚は、実は計算を間違えて端っこが少し足りないんですが、それもまたご愛嬌(笑)」

物を詰めこみすぎずに程よい空間 を持たせることで、出し入れもし やすく、また洗練された雰囲気に。

ここには、毎年庭で採れる梅やハーブのシロップ漬け、スパイスの瓶が並び、白やベージュの色合いにアクセントを加えている。

「窓の外に緑があるので、部屋の中には植物をほとんど置きません。その代わり、瓶ものや季節の果物で彩りを加える。趣味の保存食はインテリアにもなるんです」

見せる収納のコツは、「ざっくりとしたエリア分け」。

それにしても、これだけの数の食器の“見せる収納”は、いかにも難易度が高そうだ。一歩間違えば、雑然として散らかった印象になりかねない。うまく収める秘訣は?

「無造作に見えて、ざっくりしたエリア分けをしています。このあたりは和の茶碗、ここは洋の平皿、とか。その上でさらに、色や形が似ているものを近くにまとめます。セットものでなくても、同じ雰囲気のものを集め、重ねたり、かごやプレートに並べたりするとごちゃごちゃしない。以前はいろんなテイストの器を集めていましたが、今は和ならモダンな作家もの、洋なら骨董やアンティークが中心と、趣味が絞られたのもよかったのかもしれません」

湯呑みは普段かごにしまっておき、お客さんが来た時にこのまま出して選んでもらう。
特別な時に使うアンティークのカトラリー類は引き出しの中に。整然と並ぶ姿が美しい。
手作りの保存食や調味料を入れる瓶のストック。普段はクロスをかけて隠している。
鍋を置く棚は、鉄工所 で働く義理の父が作ってくれたもの。
使用頻度の高い白い食器は棚の上 に。普段使いしやすいものは、インテリアにも取り入れやすい。

確かに、柄ものはほとんどなく、色も白がベース。棚の上やガラスケースの中など特に目立つ場所は、白い陶器や透明のグラスなど、シンプルなワントーンでまとめられている。

「一方で、個性的で見せにくい食器は扉付きの棚の中に。また、常備品の乾物やお菓子の入ったかごにはクロスをかけたりして、すべてを見せるのではなく、統一感を削ぐものはしっかり隠すのもポイントです」

自然体ながらも、見せ方と隠し方に小技がきいた空間づくり。好きなものに囲まれている実感が、暮らしにメリハリを持たせてくれる。

●中川たまさん 料理家/季節の食材を使った常備菜や瓶詰めの保存食が得意。著書に『暦の手仕事』(日本文芸社)など。

『クロワッサン』934号より

文字サイズ