くらし

【買ってよかったもの】ちょい足しするだけで旨味アップ! 料理の腕が上がった気分になれるお酢。

クロワッサンのメンバーによる「買ってよかったもの」シリーズ。今回は簡単に味が決まる、創味食品の「だしのきいたまろやかなお酢」、略して「だしまろ酢」をご紹介します。

子どもがいるもので、普段から割と料理をする生活を送っています。
といっても日々の生活ではとにかく時間が足りないので、簡単な料理ばかりですが…。

今回、創味食品「だしまろ酢」を初めて使ってみましたが、りんご酢とだし、ゆずの香りが加わることでいつもの料理が格段にバージョンアップ!

ぐっと旨味が増して「お、おいしい~」。
おいしくできると料理が楽しくなりますね。
わたしが作ってみた中でのおすすめレシピをご紹介します。

(1) ポテトサラダ

じゃがいもを丸ごとレンチンして皮をむいてつぶしたらすぐ、だしまろ酢とオリーブオイルをなじませます。そこにハムや塩もみしたにんじん、きゅうりなどを加え、マヨネーズも入れてよく混ぜる。ポイントはじゃがいもがまだ熱いうちにお酢とオイルを混ぜること。味のしみ込みがよくなるそうです。
いつものポテサラよりまろやかなお味に仕上がりましたよ。

(2) ピーマンとじゃこの炒め煮

細く切ったピーマンとじゃこをごま油で炒めて、だしまろ酢、薄口しょうゆで味付け、仕上げにいりごまをかけて出来上がり。なんて簡単な常備菜!
これを、近くに住む両親のところに届けたところ(介護中でおかずがほしいというリクエストがたびたびあるのです…)、「いつもの炒め煮よりずっと美味しい(ちょっと失礼…。さすが肉親)んだけど、なに入れた?」と反応がありました。
だしまろ酢の旨味が功を奏したのだと思われます。

(3) なすと豚バラ炒め

すみません、これ、写真撮り忘れてしまったのですが、絶品でしたのでぜひお試しを。
乱切りにしたなすをごま油で炒めて、しんなりしてきたら5㎝ほどの長さに切った豚バラ薄切りを投入。火が通ってきたら(薄切りなのですぐに通ります)だしまろ酢としょうゆ少々を加え、仕上げに青じその細切りをどさっとのせる。
この夏、何回も作ってしまいそうなおいしさでした。

他にも使い道がたくさんあるようなので、いろいろな料理に使ってみたいと思います。
1本、すぐに使い切ってしまいそう~!(クロワッサン編集長 グンジ)

グンジ  
『クロワッサン』編集長。夏も冬も、麺が好き。そして季節を問わず、ビールとレモンサワーを愛する日々を送る。スニーカーやリュックといったスポーティなアイテムをおしゃれに活用するのが目下のテーマ。小学生双子の母でもある。
⇒ グンジの記事一覧

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE