くらし

心も体も安らぐ、花と緑に囲まれた空間につつまれて。【東京、緑を感じるカフェ】

外に出るのが気持ちいいこれからの季節にぴったり! テラス席のあるカフェや、緑を感じる場所をご紹介します。
  • 撮影・黒川ひろみ、角戸菜摘 文・長谷川未緒

【広尾】Les Grands Arbres

夢のような場所で童心にかえる時間を。

ツリーハウスが目印の『レ・グラン・ザルブル』。1〜2階が系列の花屋、3階と屋上がカフェだ。フランス語で大きな木を意味する店名のとおり、正面には樹齢50年以上のタブノキが。「はしごを登ってツリーハウスにも入れるので、子ども時代に戻ったような懐かしい気分を味わえます」、とスタッフの樋口哲也さん。店内のいたるところに花が飾られ、屋上のテラス席では5〜6月ごろ、可憐なタブノキの花が見られる。
(編集部のおすすめ)

レ・グラン・ザルブル●東京都港区南麻布5-15-11 3階・屋上 TEL.03-5791-1212 営業時間:11時〜21時(日曜、祝日の月曜~19時。ランチメニューのみ) 無休
料理研究家の関口絢子さんプロデュースで、季節によって変わる、野菜たっぷりのメニューが味わえる。
キャロットラペ、ブロッコリーのオニオンソース、コーンスープなどのおまかせヘルシーデリプレートは1, 250円(税込)。
レ・グラン・ザルブル●東京都港区南麻布5-15-11 3階・屋上 TEL.03-5791-1212 営業時間:11時〜21時(日曜、祝日の月曜~19時。ランチメニューのみ) 無休
料理研究家の関口絢子さんプロデュースで、季節によって変わる、野菜たっぷりのメニューが味わえる。
キャロットラペ、ブロッコリーのオニオンソース、コーンスープなどのおまかせヘルシーデリプレートは1, 250円(税込)。

【用賀】工房花屋

異空間に迷い込んだような、日常とは違う空気を楽しむ。

世田谷美術館、砧公園に続く石畳の遊歩道「いらか道」沿いにあるカフェ兼花屋。オーナーが集めたアンティークの調度品が、落ち着いた空間を作り出している。週末には結婚式場として使われることもあり、店内には色鮮やかで大ぶりな花が揃う。選んだ花は全国発送できるので、遠く離れた人へのプレゼントにもぴったり。「コーヒーを味わいながらゆったり過ごしてほしい」、とオーナー。照明が照らし出す美しい花々に囲まれながら、優雅な時間を過ごしたい。
(編集部のおすすめ)

こうぼうはなや●東京都世田谷区上用賀5-8-11 TEL.03-3700-0872 営業時間:10時〜18時 不定休
生豆を数年熟成させてから焙煎したオールドビーンズのコーヒーをネルドリップで。
ケーキは、ウェディングケーキを作っている職人さんから仕入れており、チーズケーキとタルトの2種類から選べる。ケーキセット1,000円。
こうぼうはなや●東京都世田谷区上用賀5-8-11 TEL.03-3700-0872 営業時間:10時〜18時 不定休
生豆を数年熟成させてから焙煎したオールドビーンズのコーヒーをネルドリップで。
ケーキは、ウェディングケーキを作っている職人さんから仕入れており、チーズケーキとタルトの2種類から選べる。ケーキセット1,000円。

【外苑前】TWIGGY.cafe

開放的なスペースで、体の内側からきれいになる。

ヘアサロン『ツイギー』が運営するカフェ。心と体が喜ぶ料理をコンセプトとし、オーガニック食材を使いメニューも週替わり、と多彩。月曜日には動物性食材を使わない料理を提供しており、ビーガンでも楽しめる。「建物周りの緑は、中目黒の人気花店『アトリエ・カバンヌ』の高橋さんが植栽を手がけ、サロンスタッフが丁寧に育てています。四季折々、素敵な花々が楽しめます」、と渡来さん。晴れた日には富士山が見えるという屋上からの眺めも素晴らしい。
(いけばな教授者、華道家の渡来 徹さんのおすすめ)

ツイギーカフェ●東京都渋谷区神宮前3-35-7 3F TEL.03-6413-1590 営業時間:10時~19時(月・木曜)、11時~20時(水・金曜)、11時~19時(土曜)、10時~18時(日曜、祝日) 定休日:火曜
スーパーフードのキヌアを使った美髪サラダ1,500円(税込)に、ライムミントのスムージー760円(税込)。海外で話題の食材も積極的にメニューに取り入れている。海外で話題の食材も積極的にメニューに取り入れている。
ツイギーカフェ●東京都渋谷区神宮前3-35-7 3F TEL.03-6413-1590 営業時間:10時~19時(月・木曜)、11時~20時(水・金曜)、11時~19時(土曜)、10時~18時(日曜、祝日) 定休日:火曜
スーパーフードのキヌアを使った美髪サラダ1,500円(税込)に、ライムミントのスムージー760円(税込)。海外で話題の食材も積極的にメニューに取り入れている。海外で話題の食材も積極的にメニューに取り入れている。

【駒場東大前】BUNDAN COFFEE & BEER

約2万冊の書籍に囲まれて、心ゆくまで文学を味わう。

駒場公園の日本近代文学館に併設されたブックカフェ。全メニュー、文学作品に登場する食事や飲み物をアレンジしたものだ。「店内の本は全て自由に読めるので、一人で読書をしに行ったり休憩がてら立ち寄っています。暖かい日にはテラス席で生い茂った緑を眺めながらのビールが格別です」、と服部さん。暗めの照明で、心地よい音楽が流れる落ち着いた空間。カフェだけの利用もできるので、お気に入りの一冊を選んで、食事と共に文学を思う存分満喫したい。
(イラストレーターの服部あさ美さんのおすすめ)

ブンダン コーヒー アンド ビア●東京都目黒区駒場4-3-55 日本近代文学館内 TEL.03-6407-0554 営業時間:9時30分〜16時20分(15時50分L.O.) 定休日:日・月曜、第4木曜(日本近代文学館に準拠)
そぼろカレーはドリンク付きで1,300円(税込)。単品は1,000円(税込)。デザイナーや編集者としても活躍した作家・宇野千代が、 著書『私の作ったお惣菜』で紹介した「新機軸のカレー」をヒントに。
ブンダン コーヒー アンド ビア●東京都目黒区駒場4-3-55 日本近代文学館内 TEL.03-6407-0554 営業時間:9時30分〜16時20分(15時50分L.O.) 定休日:日・月曜、第4木曜(日本近代文学館に準拠)
そぼろカレーはドリンク付きで1,300円(税込)。単品は1,000円(税込)。デザイナーや編集者としても活躍した作家・宇野千代が、 著書『私の作ったお惣菜』で紹介した「新機軸のカレー」をヒントに。
(左)渡来 徹さん(右)服部あさ美さん

渡来 徹(わたらい・とおる)●いけばな教授者、華道家。いけばな教室『Tumbler & FLOWERS』主宰。出張教室から展示会装花まで、精力的に手がける。

服部あさ美(はっとり・あさみ)●イラストレーター。主に水彩や鉛筆を用いた優しいタッチが人気。雑誌、広告、雑貨、書籍などで活躍中。

『クロワッサン』995号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE