くらし

世界の溝口健二の名作が ものすごくムカつく理由。『雪夫人絵図』│山内マリコ「銀幕女優レトロスペクティブ」

『雪夫人絵図』。1950年公開の滝村プロ、新東宝提携作品。DVDあり(販売元・紀伊國屋書店)

女性映画の巨匠として世界的にも評価の高い溝口健二。舟橋聖一の小説『雪夫人絵図』を、刊行直後の1950年(昭和25年)に映画化した本作では、愛のない結婚をした女性の末路を描いています。

熱海のお邸で暮らす旧華族の雪夫人(木暮実千代)。彼女に憧れていた濱子(久我美子)は、女中としてそばに仕えるうち、雪が大変不幸な境遇にあることを知ります。夫(柳永二郎)は愛人と放蕩に明け暮れる好色な暴君で、幼少期から雪を知る方哉(上原謙)をはじめ、周囲の意見は「離婚するべき」で満場一致。しかし雪夫人はある理由から、どうしてもその決断ができない……。

そのある理由というのが、心とは裏腹に肉体が彼を受け入れ、彼を求めているから。ざっくり言ってしまうと「モラハラ夫だけどセックスがいいから別れられないの」ということだそうです、ハイ。

高貴な出の美人をめとりながらも足蹴にし、そのくせ「あいつはオレのセックスが最高だから離れられない」という設定のツラの皮の厚さに、なんだかすごくモヤモヤします。だってこれ書いたの、男だから。昭和の時代、男性の小説家と映画監督がこぞってこの手のストーリーラインを作り出し、女の不幸を美談調で描きまくった功罪を考えずにはいられません。現実の反映ならなおやるせない。

唯一の救いは上原謙の存在。一応三角関係なのですが、中性的というか、どう見ても女にさほど興味なさそう。「経済的に自立して離婚しなさい。別の男に泣きついても同じ目に遭うのがオチですよ」と、わたしが言いたいことを全部言ってくれたぁ〜。しかしお嬢様育ちで芯の弱い雪夫人に、それは酷なアドバイスというもので……。

演じる木暮実千代は「ヴァンプ女優」と呼ばれるほど、妖艶な悪女イメージが強い女優さんだったとか。それを知ってちょっとほっとしました。雪夫人も素敵だけど、口直しにヴァンプの方も拝みたいです!

山内マリコ(やまうち・まりこ)●作家。短編小説&エッセイ集『あたしたちよくやってる』(幻冬舎)が発売中。

『クロワッサン』994号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。