くらし

絶景満載! 2019 立山黒部アルペンルートが4月15日全線開通!

富⼭県と⻑野県を結ぶ世界有数の⼭岳観光ルート「⽴⼭⿊部アルペンルート」が、4月15日(月)に全線開通。
全線開通にあわせて、春の絶景風物詩である雪壁の高さが20メートルに迫る『雪の大谷』を、間近で体験できる『2019立山黒部・雪の大谷フェスティバル』が同日より開催される。

立山黒部アルペンルートとは?

標高3,000m級の峰々が連なる北アルプスをつらぬく、総延⻑37.2km、最大高低差1,975mの山岳観光ルート。そのほぼ全区間が中部山岳国立公園内にあり、眼前に広がる山岳美や森林美の“絶景”に出合える。
これらの絶景スポット周辺は遊歩道が整備されていて、ちょっとしたウォーキングやトレッキング初心者、カメラ好きにもぴったりなコースが充実し、気軽に自然散策が楽しめる。
また、この時期の立山黒部・雪の大谷フェスティバルのメイン会場である標高2,450mの室堂平(むろどうだいら)は、一面美しい銀世界。雪化粧した山々を眺めることができる。

立山黒部・雪の大谷フェスティバルのメインイベントを楽しむ

『雪の大谷ウォーク』
標高2,450mの立山室堂平は、世界でも有数の豪雪地帯。
中でも室堂付近にある「雪の大谷」は、吹きだまりになっているため、特に積雪が多く、その深さは20mを超えることも。この「大谷」を通る道路を除雪してできる、高さ20mにも迫る巨大な雪の壁が「雪の大谷」。
道路の両側に雪壁がそびえる500m区間を歩いて体感できるイベントが『雪の大谷ウォーク』。雪壁を間近に見て、触れられる、春から初夏限定のイベントだ。

『雪の回廊ウォーク』
室堂ターミナル屋上から伸びる「雪の回廊」。
歩行者専用道路となり、雪の大谷に並んで人気のスポット。悪天候の際も通行できる。

2019年新設のステージを楽しもう!

今年の雪の大谷フェスティバルは、イベント会場が室堂だけではなく、エリアを拡大し大観峰エリアにもスノーレジャー企画を用意。

『雪のポケット』
雪で覆われた雲上テラスに巨大なかまくらが出現!
開催期間: 4月15日(月)〜5月31日(金)
開催場所:大観峰駅・屋上「雲上テラス」

『雪のトンネル』
雪のトンネルを抜けると、ロープウェイと黒部湖が見える。
開催期間: 5月上旬〜6月30日(日)
開催場所:大観峰駅・2階テラス

『雪の大谷フェスティバル』を楽しむために、事前にインターネットで、アルペンルート乗物の前期乗車予約分が購入可能。是非利用して。
https://www.alpen-route.com/access_new/

2019立山黒部・雪の大谷フェスティバル』
開催期間:4月15日(月)~6月22日(土)
開催時間:8時45分~15時15分(入場15時まで)
会場:富山県立山室堂、大観峰(立山黒部アルペンルート内

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。