くらし

福岡を味わう旅列車『THE RAIL KITCHEN CHIKUGO』が、3月23日(土)運行スタート!

『THE RAIL KITCHEN CHIKUGO』は、“LOCAL to TRAIN”をコンセプトに、トランジットジェネラルオフィスが、トータルプロデュースを担当。福岡県筑後地域の新鮮な食材を使った料理をコースで楽しめるほか、内装にも伝統工芸が使われるなど、沿線の魅力を詰め込んだ旅列車となっている。

料理は、独創的な窯料理で人気の『エンボカ』の今井正氏。列車内に設置した“ピザ窯”で焼き上げるピザをメインディッシュとして提供。生地は筑後の小麦を使用し、もちもちの食感としっかりとした味わいで、旬の野菜を贅沢に使ったピザを楽しめる。
アミューズと前菜(肉と野菜のプレート)は、福岡在住の人気料理家・渡辺康啓氏が担当。
メニューは春(3月~5月)・夏(6月~8月)・秋(9月~11月)・冬(12月~2月)と季節ごとの旬を楽しめる。
春は、八女市産のたけのこや大木町産のアスパラガスをふんだんに使用したピザや、博多和牛や有明海柳川産のお刺身海苔、みやま市産のセロリなどを使った前菜を提供。
ウェルカムドリンクとして「あまおうプレミアムスパークリングワイン」やフルーツジュースが振舞われるほか、食事中のドリンクには沿線地域でつくられた地酒や果実酒、八女茶などを用意。プティフルは、うきは市吉井町で人気の『cake.cafe.miel(ミエル)』が、沿線地域の食材を使ったオリジナル焼き菓子を食べることができる。

福岡県産のあまおう、バター、北野町産のラディッシュを使ったアミューズ。赤で統一された見た目も華やか。
大木町産の王リンギ(雪嶺茸とエリンギを掛け合わせたキノコ)、アスパラガス、みやま市産のセロリを使った野菜のプレート。
博多和牛に希少な有明海柳川産のお刺身海苔をトッピングした肉のプレート。沿線地域の農産物から水産物まで幅広い食材を使い、沿線地域の食材の豊かさを堪能できる。
メインディッシュは、大木町産のアスパラと八女市産のたけのこを使った、見た目も鮮やかなでヘルシーな野菜のピザをハーフ&ハーフで。
福岡県産のあまおう、バター、北野町産のラディッシュを使ったアミューズ。赤で統一された見た目も華やか。
大木町産の王リンギ(雪嶺茸とエリンギを掛け合わせたキノコ)、アスパラガス、みやま市産のセロリを使った野菜のプレート。
博多和牛に希少な有明海柳川産のお刺身海苔をトッピングした肉のプレート。沿線地域の農産物から水産物まで幅広い食材を使い、沿線地域の食材の豊かさを堪能できる。
メインディッシュは、大木町産のアスパラと八女市産のたけのこを使った、見た目も鮮やかなでヘルシーな野菜のピザをハーフ&ハーフで。

スペシャリストたちの力を結集

ロゴデザインと外装デザインは福岡南央子氏が担当し、キッチンクロスをイメージした赤いチェックで、緑豊かな風景に新たな彩りを添える。内装デザインを手掛けるのはランドスケーププロダクツ。筑後の“ものづくり”の魅力を発信するため、八女の竹を使用した竹編み生地や城島瓦といった、沿線地域の伝統ある工芸品等とクリエイターの感性を掛け合わせ、沿線の新しい魅力を感じることのできる空間を演出。福岡県出身のアーティスト、鹿児島睦氏が、筑後川をイメージし沿線の豊かな自然を表現したデザインのパネルを壁面に設置。スペシャリストのこだわりと地域との融合が、これまでにない新しい価値を作り出す。

キッチンクロスをイメージした赤いチェックの列車外観。
沿線地域の伝統ある工芸品等を使った車内。
キッチンクロスをイメージした赤いチェックの列車外観。
 沿線地域の伝統ある工芸品等を使った車内。

『THE RAIL KITCHEN CHIKUGO』
運行開始日:3月23日(土)
運行日:土曜・日曜・祝日
料金:ブランチの旅3,000円/ランチの旅、ディナーの旅 8,000円
   ※ブランチの旅は2019年6月1日(土)から運行開始予定
座席数:52席
※予約方法等はホームページをご確認ください。

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE