くらし

話題のスマートホーム家電は、どんなふうに便利なの?

スマホで家じゅうの家電を操作できるツール。どのように便利なのか、解説します!
  • 撮影・黒川ひろみ 文・古屋美枝

「スマートホーム」とは、家の中の電化製品をインターネットで繋ぎ、スマートフォンでコントロールできるようにした家のこと。センサーやGPSなどで自動コントロールすることで、スマートリモコンがあると自動で照明が点灯し、エアコンが起動する、などの設定ができる。さらに、Amazon Echo Spot(アマゾンエコースポット)などのスマートスピーカーがあれば音声認識も可能。

●Wi–Fiと赤外線通信機能で家電の操作が可能に。/【Nature Remo(ネイチャーリモ)】

スマホアプリ経由で、家電を操作できるスマートリモコン。リモコン操作できる家電はほぼ使える。湿度が下がったら加湿、家に人がいないときは家電をオフ、なども。1万1980円(https://nature.global)
GoogleHome(グーグルホーム)やAmazon Echoなどと連携させることで、音声での家電操作も可能に。
スマホアプリを使って、外出時にはエアコンをオフにするなどの設定も。
スマホアプリ経由で、家電を操作できるスマートリモコン。リモコン操作できる家電はほぼ使える。湿度が下がったら加湿、家に人がいないときは家電をオフ、なども。1万1980円(https://nature.global)
GoogleHome(グーグルホーム)やAmazon Echoなどと連携させることで、音声での家電操作も可能に。
スマホアプリを使って、外出時にはエアコンをオフにするなどの設定も。

●音声認識で対応家電をコントロール。手ぶらでラクラク!/【Amazon Echo Spot】

Amazon Alexa(アレクサ)搭載で、手が離せないときにも、設定済みの家電を音声でコントロールできる。1万3870円(Amazon.co.jp)

『クロワッサン』991号より

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE