「お助け」ではなく「お任せ」できる、優秀なロボット掃除機。 | 片づけ | クロワッサン オンライン
くらし

「お助け」ではなく「お任せ」できる、優秀なロボット掃除機。

家事全般を家電とシェアする気運が高まる昨今。中でも掃除は最も進化が目覚ましい分野。買うべき最新機種をプロに聞いた。
  • 撮影・青木和義 文・菅野綾子

ロボット掃除機は近年ますます性能が上がり、もはや「お助け」ではなく完全に掃除を「お任せ」できる優秀家電。まだシェアは高くないものの、スティック掃除機の相棒として買い足す利点を、家電コーディネーターの戸井田園子さんは語る。
「外出中の掃除はロボットに任せる。帰ってきたらロボットが手の届かないところだけスティック掃除機を使い、自分でやる。そうすると掃除に関わる時間はぐっと減ります。ロボット掃除機の代名詞とも言える『ルンバ』シリーズから、最上位モデルと同等のテクノロジーを搭載した低価格モデルがこの秋、新たに登場したことで、現状3割程度のロボット掃除機のシェアも、一気に高まる見込みです」

以前に比べ、今は種類が豊富なので、ライフスタイル、用途に合わせて選ぶことも可能になった。
「ロボット掃除機は日本の住宅で使うには大きすぎるイメージがありましたが、日立の『ミニマル』は一人暮らしの狭い部屋でも使えるコンパクト設計。パナソニックの『ルーロ』は本当に頭が良く、繊細な動きをするので、丁寧な仕上がりを求める人にもぴったりです。さらに、床にこびりついた皮脂汚れやベタつきに水を噴射して落とす床拭きロボットや、ついつい億劫になりがちな窓掃除専用のロボットまでもが登場。進化が止まりません」

そのほか、通常、掃除機では解決できないピンポイントの汚れ、例えば浴室の鏡や排水口、油汚れが目立つキッチン周り、サッシの溝。そんな細部の汚れを落としてくれる個性派も紹介。苦手な場所の掃除にこそ、家電を導入してみてほしい。

3種類の障害物センサーで 家具の際まで賢く丁寧に。【パナソニック ロボット掃除機 ルーロ MC-RS810】

家具などを傷つけずに、美しく掃除する匠。丁寧で繊細な仕事。実勢価格16万円前後 ※編集部調べ(パナソニック 家事商品 ご相談窓口 TEL:0120-878-691)

部屋の隅まで入り込む独自の三角形状。間取りとゴミの多い場所を把握する学習能力で、効率よくスムーズに動く。「家具や壁を傷つけず、隅々までキレイにしてくれます」

お掃除ロボのパイオニアから 低価格の最新モデルが登場!【アイロボット ロボット掃除機 ルンバe5】

日本の住宅掃除で必須、髪の毛をしっかり吸い取る。パワーを求めるならコレ。実勢価格5万3870円前後 ※編集部調べ(アイロボットサービスセンター TEL:0120-046-669)

ゴム製のブラシで毛が絡みにくく、吸引力も5倍にパワーアップ。ダスト容器が水洗いでき、お手入れも簡単。「最上位モデルと同等の性能を搭載してこの価格。まさに今が買いどき!」

直径25cmのコンパクトボディで家具の下も脚周りもスイスイ。【日立 ロボットクリーナーミニマル RV-EX20】

可愛いサイズで高性能。狭い場所でも動けて置き場所にも困らない。実勢価格9万円前後 ※編集部調べ(日立 お客様相談センター TEL:0120-3121-11)

高さ約9cmで、ソファやベッドの下も簡単お掃除。専用スマホアプリをダウンロードすれば、離れた場所からの予約もできる。「ペット運転や夜家事運転など、掃除モードも多彩で優秀」

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE