くらし

かの前衛芸術家は 孤独で有頂天だった。丘の上APT 兒嶋画廊『赤瀬川原平 未発表コラージュ展』│金井真紀「きょろきょろMUSEUM」

12月9日まで開催されていた『赤瀬川原平 未発表コラージュ展』を、作家、イラストレーターの金井真紀さんがレポート。

赤瀬川さんのコラージュ作品を見に行ったら、画廊の主人から面白い話を聞いた。数年前、あの模型千円札を、某美術館が数百万円で購入したという。「つまり国家があれを芸術と認めたってことだよね。それなら有罪が確定した赤瀬川さんの裁判もやり直した方がいいよねぇ」。千円札を印刷して作品にしたことは芸術行為とは認められない、違法であるとの判決が下ったのは、今から50年以上前のこと。被告人となった赤瀬川原平さんもすでにあの世へ旅立った。今ごろ、あの世で「してやったり」とニヤニヤ笑っているかも。「ほーら、やっぱり芸術だもんね」と。

今回その千円札も展示されているが、メインはほぼ同時期に制作された未発表のコラージュ作品たち。美術史家の山下裕二さんの解説によれば、20代半ばの赤瀬川さんは、発表するあてもなくこれらの作品をシコシコと作り続けていたらしい。山下さんは赤瀬川青年の姿を思い浮かべて「孤独だったんだろうなあ……」と瞑目する。そういえば画廊の主人も「創作することは、自分を切り刻むことだからねぇ」と呟いていた。

当の赤瀬川さんはその時代を「破壊工作に燃えていた」と書き残している。「壊れたものを拾い上げて組み直すと、まったく別のものが出来上がる。(中略)有頂天になりながら破壊と工作に突進していた」。コラージュ作品たちは研ぎ澄まされていて軽やかだ。孤独に、そして有頂天に、作ったのかなぁ。あの世のご本人はきっと「さあて、ね」なんてニヤニヤと煙に巻くんだろう。

『赤瀬川原平 未発表コラージュ展』 
丘の上APT 兒嶋画廊(東京都国分寺市泉町1-5-16)にて12月9日まで開催。赤瀬川氏が1961~1963年までに制作した19作品を展示。『大日本零円札』等の作品も常設。
042-207-7918 12時~18時 月曜休館 無料

金井真紀(かない・まき)●作家、イラストレーター。最新刊『サッカーことばランド』(ころから)が発売中。

『クロワッサン』986号より

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE