くらし

【買ってよかったもの】お寺めぐりがきっと楽しくなる「仏像ピクト」ブローチ

クロワッサンオンラインのメンバーによる「買ってよかったもの」シリーズ。今回は、とあるマニア向けイベントで見つけた、ありがたい(?)弥勒菩薩のブローチをご紹介します。

私の友人に手ぬぐい使いの達人がいます。
お弁当やワインボトルを包むなどのテクニック方面ではなく、おでかけ先やイベントとのコーディネイト方面の達人。
例えば縄文展に行くときは土偶、神社にお参りの時は狛犬、福岡を旅する時は軍師官兵衛など、手ぬぐいの柄やモチーフを行き先に完璧に合わせてくる。きっと、この手ぬぐいを使いたいからあの場所に行こう、みたいなモチベーションの源にもなっているのでしょう。小さな楽しみを見つける暮らしっていいですよね。私も真似したい。

……などと思っていた頃に出会ったのがご覧の「仏像ピクト」ブローチ。
6月に行われた、ニッチな専門店やマニアによるイベント「マニアフェスタ」会場で発見しました。

あの難しそうな、多様な歴史のある、深い深い仏像の世界が、驚くほどシンプルなピクトに!  仏像を学びたいと思いつつも、あまりにも多くの知識が必要なため二の足を踏んでいた私の背中を、このピクトならきっと押してくれる。これを胸に飾るために、行け、行くのだ、寺に!

詳しい方ならわかると思いますが私が買ったブローチのモチーフは「弥勒菩薩」。お釈迦様が亡くなったあと、56億7千万年後に仏になり、たくさんの人を救おうとされている未来仏、なんだそうですね(勉強中)。

ちなみに、仏像ピクトは弥勒菩薩以外にも、阿弥陀如来や大日如来などの有名どころから、如意輪観音、千手観音、伐折羅大将までスタンバイ。アイテムもブローチの他、手ぬぐいやキーホルダー、缶バッチなど種類いろいろ。販売していた仏像好きだという青年によれば、これまでイベントなどで仏像ピクトグッズを売っていたが、最近忙しくて在庫もなくなりつつあり、再度また作るかも未定なのだそう。イベントの終わり頃にはあらかた商品も無くなっていたので、しばらくは入手困難かもしれません。

風変わりなイベントに足を運んだおかげて手に入れたレアなアクセサリーを胸に、この夏は、仏像めぐりの旅を楽しみたいと思います(のぐぽん)。

髪型や服装、乗り物(蓮の花や雲など)など、パーツから仏像の意味や歴史が探せる手のひらサイズのガイド『仏像の本』も連れて行こう。初心者に超おすすめです。
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE