予約のとれない料理教室「白崎茶会」の、豆乳ヨーグルトで作るクリームチーズのアレンジレシピ。 | レシピとグルメ | クロワッサン オンライン
くらし

予約のとれない料理教室「白崎茶会」の、豆乳ヨーグルトで作るクリームチーズのアレンジレシピ。

乳アレルギーでも食べられる、100%植物性。使い道は無限の万能チーズ、一度作ったらやみつきになるおいしさです。
  • 撮影・青木和義 文・越川典子

冷蔵庫にストックしておけば、あっという間に多彩なレシピが誕生。

基本の豆乳クリームチーズさえ作っておけば、焼き野菜や魚介類に添える、シチューやカレーに加える、トーストのペーストにする、パスタと和える……いつもの味にコクと深みを出せます。
「それでいて、すっきりした爽やかさがある。そこが豆乳クリームチーズのいいところですね。スープに入れると、サワークリームみたいな味わいです」

今回、アレンジとして、ドライトマトとガーリックを混ぜたが、このクリームチーズ、何にでも合う、と白崎さん。
「黒こしょうだけだと大人の味。ブラックオリーブを刻んで入れてもいいですね。ドライハーブ、パプリカを混ぜ込んでもきれいでおいしい。ドライフルーツでは、イチジク、あんず、レーズンもいいですね」

甘いクリームにもアレンジできる。
「水切りした豆乳ヨーグルトに、はちみつ、ココナッツオイル、塩ひとつまみを加えて混ぜます。ココアパウダーを加えれば、チョコクリームにもなります」

白崎さんの手にかかると、豆乳ヨーグルトは魔法の小箱に変わる。
「乳酸菌がいっぱい詰まった小箱(笑)。私は時々、ぬか床にも豆乳ヨーグルトを入れます。ぬか漬けは乳酸菌が命。とってもおいしくなるんですよ」

1 2 3 4
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE