暮らしに役立つ、知恵がある。

 

卯年に贈りたい、可愛いうさぎ菓子4選。

新しい年のラッキーアイテムを集めました。

撮影・黒川ひろみ スタイリング・白男川清美 取材協力・青木由香、宋信海 文・河野友紀、恒木綾子

可愛いめでたい、うさぎ菓子。

ぴょんぴょん跳び回る姿には“飛躍向上”のイメージがあり、また多産なことから子孫繁栄の象徴としても知られるうさぎ。

2023年は卯年なので、干支の動物であるうさぎモチーフの菓子が充実。そんな中から、年始の挨拶にぜひ持っていきたい選りすぐりの4つをご紹介。

いずれもちょっぴりユニークで、思わずにっこりしてしまう愛らしい意匠が魅力的。食べる前にまずはじっくり眺めて可愛さを満喫し、そのあとに美味しくいただきましょう。

紅白の2匹が一箱に。つぶらな瞳がキュート。

2個入り705円(神楽坂 五十鈴 TEL.03・3269・0081)
2個入り705円(神楽坂 五十鈴 TEL.03・3269・0081)

●うさぎ饅頭(紅白)

東京・神楽坂で長く愛される和菓子店が作る、赤い目と耳を描いたうさぎをかたどった薯蕷饅頭。上質な大和芋と上新粉を使った皮は香ばしく、中にはこし餡がたっぷり。

白いうさぎがぴょん。老舗の羊羹5個セット。

1,620円(とらや ご注文承りセンター TEL.0120・45・4121)
1,620円(とらや ご注文承りセンター TEL.0120・45・4121)

●干支小形羊羹5本入 兎柄化粧箱

のびのびと朗らかなうさぎが描かれた化粧箱の中には、世代を超えて愛される小倉羊羹「夜の梅」、抹茶入羊羹「新緑」、黒砂糖入りの「おもかげ」、3種類の小形羊羹が。1月中旬まで販売予定。

美味しさが認められ、なんと高山寺公認。

1,620円(京都深村 TEL.075・777・7717)
1,620円(京都深村 TEL.075・777・7717)

●鳥獣戯画「うさぎどら焼き」(小倉あん)

世界最古の漫画ともいわれる『鳥獣人物戯画』。その中の「うさぎとカエルの相撲」の、ひっくり返ったうさぎの焼き印を押したどら焼き。相撲の連続模様がデザインされた箱もかわいい。6個化粧箱入り(うさぎ缶バッジ1枚付き)

上手に抜けたら拍手! 楽しい型抜きバウム。

540円(まめや金澤萬久 TEL.076・258・3366)
540円(まめや金澤萬久 TEL.076・258・3366)

●萬久の型ぬきバウム干支・卯

ミルクの優しい味わいが魅力の、しっとりしたバウムクーヘン。切り抜きの線に沿ってそっと型抜きすると、おめでたいうさぎが登場。毎年恒例、年末年始限定の特別商品。

『クロワッサン』1084号より

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。

  1. HOME
  2. くらし
  3. 卯年に贈りたい、可愛いうさぎ菓子4選。

注目の記事

編集部のイチオシ!

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

オススメの連載