くらし

余った粒マスタードで、じゃがいもの粒マスタード和え【ヒャダインの台所 Vol.125】

人気音楽クリエイター・ヒャダインさんが度々Twitterでアップする食事が美味しそう、もっと食事の内容を詳しく知りたいとクロワッサン オンラインでレシピを連載中。
今回は旬のじゃがいもと、冷蔵庫の余り物調味料で、ビールにあう一品を作ってもらいました!

今日のメニュー。

Photo:ヒャダインさん

粒マスタードって余りません? ウインナー用に小瓶で買うんですが、そんなにしょっちゅうウインナーを食べるわけでもない。しかもケチャップで食べることもあるし気づいたらダメになっていることが多いんです。こないだ冷蔵庫チェックしたらそろそろヤバそうだったので粒マスタード大量消費レシピ、てことで、ベタですがじゃがいもとウインナーと合わせてみました。

今回使ったのが「インカのめざめ」という人気品種。何も知らずに買ったのですが、甘い! 糖度が高いことで有名なんですね。今回のレシピに対してはちょっと甘すぎた気がしますので、皆さんは普通のじゃがいも使ったほうがいいです。
味なんですが、だし醤油が旨味を担当していて美味しかったです。まさに隠し味。ビールのおつまみにもピッタリなので今回写真で見切れさせておきました。にしても、じゃがいもの皮を一個一個剥くのが面倒だったー! ちょっと熱かったので少しやけどしたし。まあでもそのひと手間で美味しい料理が作れたから、まいっか!!

【じゃがいもの粒マスタード和えのヒャダイン流レシピ】

材料
じゃがいも(小)500g
ウインナー 150g
粒マスタード 大さじ1.5
マヨネーズ 大さじ1
だし醤油 大さじ1/2
胡椒 適量

作り方
1. じゃがいもは皮を洗って半分に切る。
2. 鍋にたっぷりの水を沸かし、じゃがいもを茹でて竹串が通るくらいまで15分くらい茹でる。
3. カップに粒マスタードとマヨネーズとだし醤油を混ぜておく。
4. 別のフライパンで半分に切ったウインナーを油をひかずにこんがり焼く。
5. じゃがいもが茹で上がったらざるに取って、流水で粗熱を取る。
6. よく水を切って、手で皮を剥く。スルッと剥きながら芽は爪で取り除く。
7. 焼けたウインナーと調味料とじゃがいもをよく混ぜて合わせたら胡椒を振ってできあがり!

ヒャダイン

ヒャダイン

音楽クリエイター

本名、前山田健一。1980年大阪府生まれ。3歳の時にピアノを始め、音楽キャリアをスタート。
作詞・作曲・編曲を独学で身につける。京都大学を卒業後2007年に本格的な音楽活動を開始。
動画投稿サイトへ匿名のヒャダインとしてアップした楽曲が話題になり屈指の再生数とミリオン動画数を記録。タレントとしても多数のTV、ラジオレギュラー番組に出演。初の著書「ヒャダインによるサウナの記録2018~2021」が発売中。料理歴は10年。得意料理はぶり大根。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。