くらし

辛口ジンジャエールはタコと好相性! 夏に食べたい煮込み料理【ヒャダインの台所 Vol.116】

人気音楽クリエイター・ヒャダインさんが度々Twitterでアップする食事が美味しそう、もっと食事の内容を詳しく知りたいとクロワッサン オンラインでレシピを連載中。
今回は成城石井で見つけた辛口ジンジャエールを使った煮込み料理を披露してもらいました!

今日のメニュー。

Photo:ヒャダインさん

最近辛口ジンジャーエールが流行っていますよね。こないだ成城石井で「しょうが10倍」という超辛口ジンジャーエールが売っていて、勇んで飲んだら喉が焼けるほどの辛さ! うまーい! これは料理に使えるぞ! てことでタコの煮物を作りました。
炭酸がタコを柔らかくしてくれるし、砂糖や生姜など調味料を入れる手間が省けるのでラクラク! 今までビールやコーラでスペアリブを作ることはあったんだけど海鮮で炭酸飲料を使うのは初めてだったので新鮮でした。柔らかくなって食べやすかったですよ! 相方のじゃがいももタコの赤を吸ってくれていい感じです。ナスとかタコとか赤たまねぎとか色が強い食べ物って面白いですよねえ。煮物にしたら二日目の色がえぐい! まあそれだけ色素が強いってことは何かしらの栄養がある、てことですよね。しらんけど! ちなみに今回使ったじゃがいもは実家の父が家庭菜園で作ったものです。ありがとう父さん!!

【タコの辛口ジンジャーエール煮のヒャダイン流レシピ】

材料
タコ 250g
じゃがいも 小4個
辛口ジンジャーエール 200mL
酒 大さじ2
かき醤油 大さじ1
醤油 大さじ1

作り方
1. じゃがいもは少し大きめに切って、シリコンスチーマーでレンジで4分くらい温めて柔らかくしておく。
2. タコを食べやすい大きさに切ったら鍋にジンジャーエール、酒、かき醤油、醤油を入れてタコとじゃがいもを入れて落し蓋をして弱火で水がなくなるまで煮る。
3. 時々かき回して全体的に水気が飛んだらできあがり!

>過去のレシピ一覧はこちら!

ヒャダイン

ヒャダイン

音楽クリエイター

本名、前山田健一。1980年大阪府生まれ。3歳の時にピアノを始め、音楽キャリアをスタート。
作詞・作曲・編曲を独学で身につける。京都大学を卒業後2007年に本格的な音楽活動を開始。
動画投稿サイトへ匿名のヒャダインとしてアップした楽曲が話題になり屈指の再生数とミリオン動画数を記録。タレントとしても多数のTV、ラジオレギュラー番組に出演。初の著書「ヒャダインによるサウナの記録2018~2021」が発売中。料理歴は10年。得意料理はぶり大根。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。