くらし

10代の憧れを今! ミニトマトと生ハムの冷製パスタ【ヒャダインの台所 Vol.112】

人気音楽クリエイター・ヒャダインさんが度々Twitterでアップする食事が美味しそう、もっと食事の内容を詳しく知りたいとクロワッサン オンラインでレシピを連載中。
今回は灼熱の季節に食べたい、冷たい麺。今回がヒャダインさんが憧れた冷製パスタを作ってもらいました。

今日のメニュー。

Photo:ヒャダインさん

ども。今回のお題が冷たい麺、ということでとりあえず盛岡冷麺作ってみたんですがご紹介するようなレシピでもないのでボツ!
ちょいとオシャレにミニトマトで冷製パスタを作ってみました。ていうのもね。私がまだ10代だったころメンズノンノを買った時に途中のページでミニトマト冷製パスタのレシピが載っていたんです。当時実家暮らしで自炊もしたことなかった自分としては「わあ、大人のかっこいい大人はこんなもの作るんだなあ」と憧れがあったわけです。

誰がどう考えても大人になった現在、このフラグは回収せねば! とチャレンジしました。もちろん当時のレシピは忘れていますがそれは経験値でカバー。結果としてめちゃくちゃ美味しかったです! 強めに塩を入れて茹でたのが功を奏しました。とても爽やかでスルスルいけちゃいます。カッペリーニが細麺なのでちょっと素麺っぽいし夏感ありますねえ。茹で時間2分なのも時短でGOOD。あまりに美味しくて昼からワインを開けてしまいました。。。

あの頃の私よ、聞いているか。これが大人の味だ。昼からロゼとカッペリーニを食べる人生だ。わはははは。

【ミニトマトと生ハムの冷製パスタのヒャダイン流レシピ】

材料
生バジル 6枚
ミニトマト 12個
カッペリーニ 100g
生ハム 50g
にんにく 1かけ(小さめ)
オリーブオイル 大さじ2
酢 小さじ1
塩コショウ少々

作り方
1. 沸騰したお湯にミニトマトを15秒入れて取り出して冷やし、皮を剥く。
2. バジルを飾り用のものだけよけて、他は粗くみじんぎりにする。
3. ボウルにミニトマト、バジル、にんにくのみじんぎり、酢、オリーブオイル大さじ1、塩コショウを入れてかき混ぜて汁を出す。
4. カッペリーニを従来より多めの塩を入れた湯で茹でる。2倍量くらい。
5. 茹で上がったカッペリーニを水で冷やしてザルで水を切り、キッチンペーパーでギュッと包み水を吸収させる。
6. 皿に盛って生ハムとバジルの一切れを飾って、オリーブオイル大さじ1を追いで回しかけたらできあがり!

>過去のレシピ一覧はこちら!

ヒャダイン

ヒャダイン

音楽クリエイター

本名、前山田健一。1980年大阪府生まれ。3歳の時にピアノを始め、音楽キャリアをスタート。
作詞・作曲・編曲を独学で身につける。京都大学を卒業後2007年に本格的な音楽活動を開始。
動画投稿サイトへ匿名のヒャダインとしてアップした楽曲が話題になり屈指の再生数とミリオン動画数を記録。タレントとしても多数のTV、ラジオレギュラー番組に出演。初の著書「ヒャダインによるサウナの記録2018~2021」が発売中。料理歴は10年。得意料理はぶり大根。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。