くらし

夏には梅干しで疲労回復! さっぱりなのに芳醇な角煮【ヒャダインの台所 Vol.110】

人気音楽クリエイター・ヒャダインさんが度々Twitterでアップする食事が美味しそう、もっと食事の内容を詳しく知りたいとクロワッサン オンラインでレシピを連載中。
今回は暑くなると積極的に摂りたい酸味。梅干しを使ったさっぱり角煮を教わりました。

今日のメニュー。

Photo:ヒャダインさん

ども。今回のテーマが梅などのクエン酸。梅干しや梅肉を使ったレシピ好きなんですよね。ササミの梅肉ソースとかイワシの梅干煮とか全部美味しいですねえ。

で、今回は豚の角煮にトライです。梅干しって一緒に煮ると肉が柔らかくなるので角煮も絶対美味しくなるでしょう、という算段。はい。正解です! 結果としてバラ肉はもちろんのこと、肩ロースもホロホロに柔らかくなりました。梅干し偉大。さらに梅干しを砕いて一緒に食べたら酸味と甘味とが一緒に来てさらに芳醇な味わいに。

あとで後悔したんですが冷蔵庫に半熟卵の残りがあったから一緒に添えてもよかったなあ。角煮感出ますよね。個人的には脂が多いバラ肉より肩ロースのほうがさっぱり食べられてよかったです。
あと、たっぷりねぎとしょうがで作った茹で汁を捨てるのがなんだかもったいなかったんで今の所冷蔵庫に入れているのですが、これ何に使おう。うどんでも作ろうかな。ふーむ。

【豚肉の梅煮のヒャダイン流レシピ】

材料
豚肩ロースブロック肉 200g
豚バラブロック肉 200g
しょうが 1かけ
ねぎの緑の部分  2つ
醤油  大さじ2
酒  大さじ2
砂糖  大さじ2
梅干し 3個
ニンニク  1片

作り方
1. 豚を食べやすい大きさに切る。
2. 鍋にたっぷりの水を入れて、大胆に切った生姜とネギを入れて沸騰させ、豚を入れて柔らかくなるまで30分ほど煮る(アクはとる)。
3. 肉がやわらかくなったら茹で汁を半カップだけ取って違う鍋に入れて、醤油、酒、砂糖、梅干し、にんにくを半分に切ったものを入れて沸騰させる。
4. 沸騰したら豚を入れて落し蓋をする。
5. 汁気がほとんどなくなったらできあがり!

>過去のレシピ一覧はこちら!

ヒャダイン

ヒャダイン

音楽クリエイター

本名、前山田健一。1980年大阪府生まれ。3歳の時にピアノを始め、音楽キャリアをスタート。
作詞・作曲・編曲を独学で身につける。京都大学を卒業後2007年に本格的な音楽活動を開始。
動画投稿サイトへ匿名のヒャダインとしてアップした楽曲が話題になり屈指の再生数とミリオン動画数を記録。タレントとしても多数のTV、ラジオレギュラー番組に出演。初の著書「ヒャダインによるサウナの記録2018~2021」が発売中。料理歴は10年。得意料理はぶり大根。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。