くらし

夜食に作ってみて、ざっくり親子丼。【ヒャダインの台所 Vol.104】

人気音楽クリエイター・ヒャダインさんが度々Twitterでアップする食事が美味しそう、もっと食事の内容を詳しく知りたいとクロワッサン オンラインでレシピを連載中。
今回は夜中にお腹が空いたら何を作る……? 規則正しい生活を送っているヒャダインさんに想像夜食メシを作ってもらいました。

今日のメニュー。

Photo:ヒャダインさん

今回のテーマが夜食、ということなんですが私ヒャダイン、ミュージシャンらしからぬ規則正しい生活を心がけていて夜ふかししないんですよねー。なので想像上の夜食を作ってみました。学生時代とか確かに食べてたし。

で、親子丼。サラサラと食べられるし味も甘しょっぱくて夜のテンションに合いますよね。でも時間かけたくないじゃないですか。なのでかなり正規の工程を端折った作り方をしました。まあ味も大雑把な味なんですけどまあそれはそれでいいじゃないですか。夜食ってちょっと乱暴なものを食べたくなるってありません?
にしても親子丼ってネーミング、冷静に考えたらかなり暴力的ではありますよね。赤の他人の鶏と卵を同じ種族だから、という雑な理由で親子扱いするんだもん。人権があったら問題になってますよね。鳥だから人権ないからいいものを。とかなんとか言ってますが、普通に美味しかったです。

【ざっくり親子丼のヒャダイン流レシピ】

〈材料〉
鶏もも肉 200g
卵 2個
たまねぎ 1/2個
刻みのり 適量
七味唐辛子 適量

※だし
出汁醤油 大さじ1
酒 大さじ1
みりん 大さじ1
砂糖 小さじ2
顆粒だし 小さじ2
水 100cc

作り方
1. たまねぎを千切りに、もも肉は食べやすい大きさに切る。
2. だしを鍋に入れて沸騰したら、玉ねぎともも肉を入れてしっかり熱を通す。
3. 溶いた卵を流し入れて少し菜箸でかき混ぜ、蓋をして程よい卵の硬さになったら火を止める。
4. たっぷり刻みのりと七味をふりかけたらできあがり!

>過去のレシピ一覧はこちら!

ヒャダイン

ヒャダイン

音楽クリエイター

本名、前山田健一。1980年大阪府生まれ。3歳の時にピアノを始め、音楽キャリアをスタート。
作詞・作曲・編曲を独学で身につける。京都大学を卒業後2007年に本格的な音楽活動を開始。
動画投稿サイトへ匿名のヒャダインとしてアップした楽曲が話題になり屈指の再生数とミリオン動画数を記録。タレントとしても多数のTV、ラジオレギュラー番組に出演。初の著書「ヒャダインによるサウナの記録2018~2021」が発売中。料理歴は10年。得意料理はぶり大根。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。