くらし

大人の節約術、年会費・月会費・サブスクの料金を見直してみる。

やっているつもりでも、なかなか自信が持てない「節約」。大人の節約は、やみくもに削るのではなく、一度見直すと効果が続く固定費から。節約アドバイザーの丸山晴美さんと、家計コンサルタントの八ツ井慶子さんに話を聞きました。
  • イラストレーション・小林マキ 構成と文・生島典子

年会費・月会費・サブスク料金は、悩んだら一度やめてみる。

「いつか使うかも」と思わずに、使わなくなったものは解約を。

まずは年会費・月会費・サブスク料金など、定期的に払っているお金を見直そう。コロナ禍で始めた今は観ていない動画配信サービスや、買い物に行けないからとなんとなく契約したお花のサブスク料金などを払い続けていないだろうか。

丸山さんは、「クレジットカードもできれば年会費無料のものがいいですよ。年会費を払った分のメリットがあればいいのですが、最近のクレジットカードの特典はあまり魅力的でなくなっているので、払う必要性を感じません。
コロナ前は旅行の際ラウンジが使える、マイルがたまる、サポートデスクが利用できるなどの特典があり、年会費を払う意味がありましたが、今はこれらのサービスをあまり活用できないので、解約してもいいのでは?」と指摘する。

スポーツジムや習い事も、コロナ禍での休みが、本当に続けるべきか見直すきっかけになった人もいるだろう。「休会」ではあまり見直す意味がないから、迷うなら思い切って一度やめてみよう。

「入会するのは簡単ですが、解約しにくいシステムになっている場合もあります。解約はネットからできずに電話だけとか、電話もつながりにくいとか。あきらめずに解約手続きをしましょう。そうしないと、ずっと払い続けることになってしまいます」(丸山さん)

八ツ井さんは、起点に戻り、「なぜそれを始めたか?」を考えることが大事だと言う。

「たとえば、『リモートワークで在宅時間が増えたから、映画観放題サービスの契約をした』など、みなさん最初は目的があって始めたはずです。
それなら、その状況は今、どう変わったのでしょうか。もう必要なければやめればいいのですが、人はいったん受け入れた現状を変えることに不安を感じてしまいます。それで、『いずれまた使うんじゃないか』『とりあえずそのままでいいや』と考えて、なかなか解約できなくなるのです。しかし、使わないものは、勇気を持って手放しましょう」

コストの大きさを考える際に、八ツ井さんも丸山さんも、月料金ではなく累計額で考えることを勧めている。

月に1,000円程度でも、年間にすると1万2000円、5年で6万円、10年で12万円になる。それだけのコストをかけて充分な満足度が得られていればOKだが、そうでない場合は解約しよう。

年会費・月会費・サブスクの料金を見直す順番は、(1)きっかけが何だったのか思い返す、(2)状況がどう変化したのか考える、(3)コストに対して今も満足度が伴っているかどうかを判断する、の3ステップだ。

八ツ井さんは、「悩んだら1回やめてみるのもお勧め」と言う。
「やめてみると、『なくても平気』だということに気づけます。今はあれもこれも手に入れたい物欲社会なので、『あると便利なもの』が多い時代。1つやめてみると、『これもなくてもいいかな』と考えられるようになります。そして、毎月かかる固定費については、一覧表をつくっておくといいでしょう。そうすれば、固定費の見直しを定期的に行う際に役立ちます」

〈見直したい年会費・月会費・サブスクの料金〉

□ クレジットカードの年会費
□ スポーツジムの月会費
□ 習い事の月謝
□ 動画配信サービスの月利用料
□ 各種サブスクの使用料
□ サプリや化粧品の定期購入
□ ネットショップの定期おトク便
□ その他定期的に払っているもの

コロナ禍で使い始めたサービスも、この機会に見直しを。

〈定期的に払うお金は累計額で考える〉

毎月の金額はたいした負担でなくても、長く続けると大きな金額になっている。

丸山晴美

丸山晴美 さん (まるやま・はるみ)

節約アドバイザー

22歳のときに節約に目覚め、2001年に節約アドバイザーとして独立。『シングルママの「お金に困らない」本』(徳間書店)など著書多数。

八ツ井慶子

八ツ井慶子 さん (やつい・けいこ)

家計コンサルタント

メビウストーチ代表取締役。2001年にファイナンシャルプランナーとして活動を始め、’13年に「生活マネー相談室」を設立。個人相談や講演、執筆などを行う。

『クロワッサン』1062号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。