くらし

冬が旬のこんにゃくを使用したレシピ【ヒャダインの台所 Vol.89】

人気音楽クリエイター・ヒャダインさんが度々Twitterでアップする食事が美味しそう、もっと食事の内容を詳しく知りたいとクロワッサン オンラインでレシピを連載中。
今回は実は冬が旬のこんにゃくを使用したレシピを紹介いただきました。

今日のメニュー。

Photo:ヒャダインさん

今回のテーマがこんにゃく、とのことで、このコラムでもこんにゃくを扱うことが多いのでどうしようかなと思ってのですが、めちゃくちゃ単純で基本的なレシピをご紹介していなかったなあと思いこのイージーメニューにしました。

こんにゃく、好きなんですよ。あの独特な香りと味、そして食感。

あんなに美味しいのにカロリーがほとんどないだなんて素晴らしすぎませんか。こんにゃく芋を独特の製法で食用に変えてくれたご先祖様たちに感謝ですねえ。

今回のメニューのポイントですが、手でちぎること。切り目がワイルドになっていることで味がしみやすいと思い込んでおります。あとこんにゃくを手でちぎるとストレス解消にもなりますよ。ぶちっ、ぶちって。で味なんですが、ほぼ出汁とゴマの味。でもそれでいいんですよ。ジューシーだし満腹感もあるし。冷蔵庫にこんにゃくしかない時でも作れる手軽さもいいですね。しかしまあ出汁醤油の糖質やごま油の脂質でダイエット効果はないのかもなあ。むむむ。

【こんにゃくの出汁醤油炒めのヒャダイン流レシピ】

<材料(作りやすい分量)>

こんにゃく(アク抜き不要タイプ)1袋
ごま油 適量
いりごま 適量
出汁醤油 一回し半

作り方
1. こんにゃくを手で食べやすい大きさにちぎる。
2. フライパンにごま油をしいて、こんにゃくを中火で炒める。
3. 各面がちょっと焦げたような色がするように菜箸で返す。
4. いい感じになってきたら出汁醤油を一回し半くらいかけて、こんにゃくになじませながら蒸発させる。
5. お皿に盛っていりごまをかけたらできあがり!

>過去のレシピ一覧はこちら!

ヒャダイン

ヒャダイン

音楽クリエイター

本名、前山田健一。1980年大阪府生まれ。3歳の時にピアノを始め、音楽キャリアをスタート。
作詞・作曲・編曲を独学で身につける。京都大学を卒業後2007年に本格的な音楽活動を開始。
動画投稿サイトへ匿名のヒャダインとしてアップした楽曲が話題になり屈指の再生数とミリオン動画数を記録。タレントとしても多数のTV、ラジオレギュラー番組に出演。初の著書「ヒャダインによるサウナの記録2018~2021」が発売中。料理歴は10年。得意料理はぶり大根。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。