くらし

結露がひどくて、窓がビシャビシャに!毎日のことで憂うつです。【プロが答える冬の掃除術】

掃除や洗濯など家事にまつわる、冬ならではの数々の困りごと。
できるだけラクに清潔に保つための方法を住生活ジャーナリストの藤原千秋さんとナチュラルクリーニング講師の本橋ひろえさんにに聞いた。
  • 文・小沢緑子

[冬の困った!]結露がひどくて、窓がビシャビシャに!毎日のことで憂うつです。

室内外の気温差により発生する結露。

「結露は建物の構造が関係してくるので、便利グッズをあれこれ使うより、その都度、スクイージーで水を切ってタオルなどで拭き取るのが一番安上がりだし効果的。ただ毎日のことなので、結露取りができる家電を利用すると作業がグッとラクになります。水滴を吸引して拭き上げてくれるケルヒャーの〈窓用バキュームクリーナー〉は使いやすくておすすめ」(藤原さん)

結露がつきやすい窓はカビが発生しやすい問題もある。

「予防するには、水滴を拭き取って乾いた後に、窓ガラスの内側ややはり結露がついてカビやすいレースのカーテンに除菌用アルコールをスプレーしておきます」(本橋さん)

除菌用アルコールは本橋さんの場合、水110mlに消毒用エタノール90mlを加えて除菌に適した濃度(35%)のアルコール水を作り、使用している。

1台で水ダレや拭き跡を残さずに窓掃除、結露や浴室の水滴取りなどに活躍してくれる。窓用バキュームクリーナー WV 1 プラス LR 6,980円*編集部調べ(ケルヒャー ジャパン TEL.0120-60-3140)

掃除をはじめとする家事の困りごとで、今の時季、一番のキーとなるのは寒さ、と住生活ジャーナリストの藤原千秋さん。

「窓を閉め切りがちな分、家の中にホコリや余分な湿気がたまりさまざまな問題が起こります。また寒いと単純に掃除が億劫になる問題も(笑)」

ただ掃除の常識は変化している。

「掃除機は窓を開けっ放しでかけなくてもいい。窓を閉めて暖房をつけたままのほうが体は動くし、あとからしっかり換気をしたほうが効率的にホコリを追い出せます」(藤原さん)

この冬は掃除をする際に消毒が気になるかもしれないが、ナイーブにならないように、というのはナチュラルクリーニング講師の本橋ひろえさん。

「家庭内は不特定多数の人が出入りする環境ではないので、消毒をしたほうがいいケースはそう多くない。通常のホコリや汚れを取り除く掃除をするだけで、菌の数は減ります。日常の掃除をこまめにすることが先決です」

本橋ひろえ

お話を伺ったのは

本橋ひろえ さん (もとはし・ひろえ)

ナチュラルクリーニング講師

大学で化学を専攻し、企業で合成洗剤製造などを担当。掃除、洗濯、洗剤を主婦目線かつ科学的に解説。近著に『ナチュラルおそうじ大全』など。

藤原千秋

お話を伺ったのは

藤原千秋 さん (ふじわら・ちあき)

住生活ジャーナリスト

総合情報サイト「All About」家事・掃除・子育てガイド。住宅メーカー勤務後、住まいや暮らし周りの記事を執筆。監修本に『家事のきほん新事典』等。

『クロワッサン』1034号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。