くらし

モデルの花衣さんが手みやげに推薦!torajamのレモンのマーマレードとミックスマーマレード

  • 撮影・黒川ひろみ 文・嶌 陽子

素材の組み合わせが絶妙なジャムは、幸せになる味。

torajamのレモンのマーマレードとミックスマーマレード

「初めて食べた時はびっくりしました。今までに全く味わったことのないジャムだったんです」

モデルの花衣さんがそう評するのが〈torajam〉。京都のジャム職人、いのはらしほさんが作るジャムだ。

「数年前、京都の古道具市に出店した友人を手伝うために、現地に滞在していた時期があって。その時に京都在住の人から教えてもらったのが出合いです。北白川のお店兼工房を訪ねたんですが、光が差し込むきれいな空間でした」

季節の果物にハーブやスパイス、リキュールなどを組み合わせて作られる〈torajam〉。マーマレードに生姜を使ったり、“杏とアマレット”“桃とミント”など、ほかにはない味わいが魅力だ。

「組み合わせのセンスが絶妙で、本当に幸せになる味です。パンにつけるのはもちろん、そのまま食べてもおいしい。私は残りが少なくなってくるとスプーンでひと匙ずつ、大切にすくって食べています。手みやげにする時は、大人数向けというより、友人などに『おいしいからぜひ食べてみて』という気持ちを込めて渡すことが多いですね。何種類かのジャムの中から選ぶのも楽しいし、いのはらさん自身による手描きのイラストのパッケージも可愛いんです」

モデルとして活躍すると同時に陶芸作家の顔も持つ花衣さん。「なんでもないけれど美しいもの」をテーマに、〈aardekleur(アアルデクリュー)〉のブランド名で器などを販売している。

「一番楽しいと思うのが釉薬作りです。焼いてみたら想像と違う色が出てきたり、コントロールしきれないところが面白い。同じ形の器でも、色のバリエーションを豊富にしているのは、手に取る人に好きな色を選ぶ楽しさを味わってほしいから。私が〈torajam〉のジャムを選ぶ楽しさとも通じている気がします」

花衣さん

花衣(かえ)さん
モデル

雑誌や広告、カタログ、テレビCMなどで幅広く活躍。陶芸作家としては2019年に〈aardekleur〉というブランドを立ち上げ、オンラインショップや渋谷パルコ『sneeuw』で販売。

トラジャム●アクセサリーや陶器、雑貨などを扱う『北白川ちせ』(京都市左京区北白川別当町28)にて販売。営業時間:11時〜18時、月曜、火曜休。マーマレードは150g 各900円(ジャムの内容や価格は季節により変わる)。オンラインショップでも不定期に販売するほか、イベントなどでの出店販売も行っている。
https://chise.in/item/torajam/

『クロワッサン』1024号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。