くらし

定額でお得な「サブスク」、そもそもどんなサービス?

身近になりつつある定額制のサービス、サブスクリプション。無駄使いや衝動買いを抑えたい人こそ、試してみる価値あり! スマホジャーナリストの石川 温さんにお話を伺います。
  • 撮影・黒川ひろみ イラストレーション・すやまゆうか 文・薄葉亜希子

2019年の流行語大賞にもノミネートされた「サブスクリプション(サブスク)」。ここ数年で一気に広まった印象があるが、「実は昔からあるサービス」と、スマホジャーナリストの石川温さん。

「言語的には定期購読という意味があり、以前からある新聞や雑誌の定期購読もサブスクの一種です。最近は一般的に“使い放題”というニュアンスが加わったことでトレンドとなっています。もっともなじみがあるのは『アマゾン プライム・ビデオ』や『ネットフリックス』『アップルミュージック』などのデジタルコンテンツサービスでしょう。月額で動画や音楽が見放題、聴き放題になる配信サービスの人気とともに、サブスクが生活に浸透してきました」

洋服や家具などの分野でもサブスクが注目され、さらに花や化粧品、食材が定額制でボックスに詰められて届く新サービスも。

「買うより借りるほうが得といった“お得感”だけでなく、きれいな花やおいしいビール、こだわりの食材が届くなど“満足感”の高いサービスも増えています。ロボット掃除機のような高額家電を試してから購入できたり、パソコンのソフトウェアが常に最新状態にアップデートされるなどのサブスクサービスはよくできていて、消費者にもうれしい仕組みですね」

モノを買わない時代、使いたい時だけ使えれば充分といった時代性に合い、サブスクと並んでシェアリングも人気だ。車や自転車のほか、旅や家にも広まっている。

「シェアリングもサブスクもサービスがさらに工夫され、ますます欠かせなくなるでしょうね。2つのサービスのセットでの申し込みや携帯電話料金との同時決済など、新たな動きも始まっています」

【映像】Amazonプライム・ビデオ

https://www.amazon.co.jp/amazonprime

Amazonプライム会員になると利用できる動画配信サービス。月額500円、年額4,900円(共に税込)でプライム・ビデオのほか、お急ぎ便無料や音楽配信サービスのプライムミュージックも利用可能。対象となる数千以上の作品を見放題で楽しめる。

【花】ブルーミーライフ

https://bloomeelife.com

花のある暮らしを叶えたい人におすすめの定期便。季節の花を中心に、テーブルやリビングに飾るのにちょうどいい花束が定期的に届く。花束のサイズで1回につき500円、800円、1,200円のプラン(送料別)があり、毎週か隔週で届くペースも選べる。

【旅】ANAシェア旅

https://www.ana.co.jp/ja/jp/travel/brand

民泊や個性的な宿、その土地ならではの体験、旅行中のペットサポートなど、さまざまなシェアサービスでひと味違う旅が楽しめる。この度、提供側になるサービスもスタート。ホスト登録をしてシェアサービスを提供すると、謝礼や旅行券がもらえる。

【ビューティ】ブルームボックス

https://www.cosme.net/bloombox

美容に関する悩みを登録すると、それに合わせてアドバイザーが選んだ4〜5ブランド分の現品やサンプルサイズの化粧品が届く。新作や季節を意識したコスメをいち早く試すチャンスにも。1カ月1,500円、6カ月8,000円、12カ月1万5000円の3つから選択。

【家具】サブスクライフ

https://subsclife.com

生活の変化とともに買い替えが必要となり、出費がかさみがちな家具を定額レンタルできるサービス。料金は商品や期間によって異なり、手軽なものは500円から。利用期間を過ぎたあとは購入もできるので、高い家具を試してから買いたいときにも。

【家】アドレス

https://address.love

アドレスが運営する日本各地の家に、定額で住み放題という話題のサービス。好きな時に好きな場所で、そんな新しい暮らしを提案。月額4万円で現在利用できる家は全国で28カ所(※)。海が目の前の元民宿から古民家など、魅力的な家が揃っている。

※すべて情報は2019年12月25日時点

石川 温(いしかわ・つつむ)さん●スマホジャーナリスト。モバイル事情に精通し、ラジオNIKKEIの『スマホNo.1メディア』に出演。

『クロワッサン』1014号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。