くらし

マナーデザイナーに聞いた、押さえておきたいマナーのツボ

  • 撮影・青木和義、谷 尚樹(岩下さん) スタイリング・高島聖子 文・黒澤 彩 イラストレーション・クレメンス・メッツラー

「冠婚葬祭の『冠』は、今では幅広い意味でのお祝い事と捉えられていますが、もとは成人式のことです。日本人は冠・婚・葬を人生の3大礼としてとても大切にしてきました。現代でも、こうした儀礼や行事のマナーにとりわけ気を使うのは、そのためです」

と話すのは、多方面でマナーの指導をしている岩下宣子さん。

何度経験しても自信が持てない、という人は意外に多い。それは、形式ばかりに気を取られているからかもしれない。

「マナーは本来、自分ではなく相手に恥をかかせないための思いやりです。意味を理解したうえでルールを知っておけば、気持ちに余裕が生まれ、相手に思いを寄せることができるはずです」

岩下宣子(いわした・のりこ)さん●マナーデザイナー。現代礼法研究所主宰。NPO法人マナー教育サポート協会理事長。『一生使える! 大人のマナー大全』(PHP研究所)など監修、著書多数。

『クロワッサン』1007号より

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。