くらし

元陸上選手、「デポルターレ・パートナーズ」代表の為末 大さんが手みやげに推薦!土井酒造場の開運大吟醸 伝 波瀬正吉

  • 撮影・黒川ひろみ 文・黒田 創

シェアオフィスの縁が繋いだ、幅広くすすめたい日本酒。

昨年スポーツとテクノロジーに関するプロジェクト〈デポルターレ・パートナーズ〉を立ち上げ、同時にスタートアップ企業の拠点となるシェアオフィスを東京・渋谷に構えた元陸上選手の為末大さん。手みやげのおすすめは《開運大吟醸 伝 波瀬正吉》という日本酒である。

「入居企業のスタッフの父親の実家がその蔵元という縁で、入居パーティーの際に頂いたのが最初の出合いです。家族経営が多い蔵元で、手伝わなくて大丈夫?という余計な心配もありつつ(笑)、飲むとすごくおいしくて、人にすすめたいお酒だなと。日本酒好きの間では有名な銘柄ということもあり、以来、頻繁に手みやげに持参するようになりました。スタートアップとは文字どおりこれから新規ビジネスを興すことなので、“開運”というネーミングも喜ばれます」

すっきりとした甘めの口当たりなので女性も飲みやすく、初めて日本酒を飲む外国人にも気に入ってもらえるそう。

また、シェアオフィスならではのこんなエピソードも。

「小さな企業が集まってゆるく繋がっているので、寒い季節になると、めいめいに持ち寄ったおでんをつつくミニパーティーが、いつの間にか始まったりするんです。必然的に、冷蔵庫に常備されているこのお酒を毎回飲むことになるという……。その感じがいいんですよね」

為末さん自身、お酒は結構飲むほうだ。

「選手時代は飲む日を週1日と決めていて、引退後は反動で3カ月くらい毎日飲んでいました(笑)。今は週3日程度に落ち着きましたが、種類はいろいろです。ワインの都・フランスのボーヌで飲んだ赤ワインや、秋田産の田酒(でんしゅ)という純米酒は特に思い出に残っている味。今はウィスキーの聖地と言われるスコットランドのアイラ島でシングルモルトを味わってみたい。香ばしいお酒が好きなんですよ」

為末 大(ためすえ・だい)さん
元陸上選手、「デポルターレ・パートナーズ」代表
1978年生まれ。スプリント種目の世界大会で日本人初のメダル獲得。男子400mハードル日本記録保持者。著書に『諦める力』(プレジデント社)など。

かいうんだいぎんじょう でん はせしょうきち●静岡県掛川市にある土井酒造場にて、杜氏歴30年、能登杜氏四天王の一人と称された故・波瀬正吉氏の技を伝承してつくられる大吟醸酒。上品な香りを持ち、キレのある酸味が全体を引き締め、きれいな味わいを醸し出す。購入は取扱店にて(kaiunsake.com参照)。写真は、720ml入り 4,500円。http://www.matsunosukepie.com

『クロワッサン』1006号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。