くらし

今秋スタートのドラマ、注目作品を紹介!

  • 文・西森路代

昨今、ドラマのファンもオタク化してマニアックな観点で見る人が増えていると言われている。『時効警察はじめました』も、2006年と2007年に放送され、オダギリジョーと麻生久美子が演じる警察官コンビの繰り広げる独特の空気感で人気のシリーズ第三弾で、マニアックな人気のある作品だ。過去のシリーズでは脚本・監督を三木聡に園子温、ケラリーノ・サンドロヴィッチなどが担当してきた。これが10年以上前の人選だと思うと、このドラマがいかに先見の明があったかわかる。今回も、『勝手にふるえてろ』の大九明子、『愛がなんだ』の今泉力哉などが、独特の世界観を引き継いでくれるのではないだろうか。

『時効警察はじめました』

テレビ朝日で10月から毎週金曜夜11時15分~深夜0時15分。脚本・演出:三木聡、大九明子、今泉力哉ほか ゼネラルプロデューサー:横地郁英 出演:オダギリジョー、麻生久美子、吉岡里帆、豊原功補ほか

『シャーロック』と言えば、ベネディクト・カンバーバッチ主演のシリーズがあまりにも有名だが、フジの月9で、ディーン・フジオカと岩田剛典のコンビで新たな『シャーロック』が制作されると報じられたときはネットにはざわめきもあった。本作はあくまでもアーサー・コナン・ドイルの『シャーロック・ホームズ』シリーズを原作にしたもの。また、ディーン・フジオカは今作のプロデューサー太田大とともに『モンテ・クリスト伯│華麗なる復讐│』を作り上げてきたが、海外の名作を現在の日本に置き換えたらという挑戦が刺激的な良作に仕上がっていた。今作も視聴者を良い意味で裏切ってくれるのではないか。

『シャーロック』

フジテレビで10月から毎週月曜夜9時〜9時54分。原作:アーサー・コナン・ドイル『シャーロック・ホームズ』シリーズ 脚本:井上由美子 演出:西谷 弘 出演:ディーン・フジオカ、岩田剛典、佐々木蔵之介ほか

挑戦と言えば、『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』もオリジナルで踏ん張っているイメージだ。しかも脚本は『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー』の武藤将吾。なかなか深夜以外で見られないノワールの世界がどう描かれるのか楽しみだ。

『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』

日本テレビで10月から毎週日曜夜10時30分~11時25分。脚本:武藤将吾 演出:猪股隆一 チーフプロデューサー:西 憲彦 プロデューサー:福井雄太、柳内久仁子 出演:賀来賢人ほか

ラブストーリーでは、『G線上のあなたと私』に注目したい。『あなたのことはそれほど』と同じいくえみ綾が原作、また波瑠と鈴木伸之が引き続き出演。脚本を『サギデカ』や『透明なゆりかご』、『きのう何食べた?』など、どんなジャンルをやっても信頼できる安達奈緒子が手がけるということで期待が高まる。

『G線上のあなたと私』

TBSテレビで10月から毎週火曜夜10時〜10時57分。原作:いくえみ綾 脚本:安達奈緒子 演出:金子文紀、竹村謙太郎、福田亮介 チーフプロデューサー:磯山晶 出演:波瑠、中川大志、松下由樹ほか

『クロワッサン』1005号より

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE