くらし

イラストレーター、デザイナーのきしくりさんが手みやげに推薦!『松蔵ポテト』のポテコロ&てまりポテト。

  • 撮影・青木和義 文・黒田 創

場をなごませるスイーツは、作品作りの大事な味方。

各方面で多彩な活躍を見せているきしくりさんの一押しは、スイートポテトの老舗『松蔵ポテト』。

「切り株状になっているブッセラという銘柄が好きで、20年近くのファン。私が頻繁に買うのを横で見ているので、息子が小学校の面接の時に“お母さんの好きな食べ物は?”と聞かれて、“ブッセラ!”と即答したほど。模範解答ではないけれど爆笑しちゃいました」

お手頃サイズなこともあり、ちょっとした楽屋の差し入れなどにはポテコロと、てまりポテトの詰め合わせをよく持参する。

「少し気取った場でも、これを出すとみんな和んでくれます。あとは作業に没頭する際など買い置きしておいて、お夜食にすることも。味はサツマイモの素朴な感じそのもので、煮詰まった時にトーストして温めて食べるとホッとしますね」

きしくりさんが甘い物を好む一方で、息子は小さいころから甘い物が苦手だという。

「子どもが生まれたらケーキを作ってあげようと道具を買い揃えたりしたのに本人が一切食べないので、その反動で私が欲するようになった部分はあるのかも。そのタイミングで出合ってしまったのが松蔵ポテトさんなのです(笑)」

息子は辛い物のほうが好みなのだそう。

「ファミレスでもグラタンやパスタじゃなく焼き魚定食をオーダーします(笑)。今は美大でデザインを学んでいますが、小学生のころ、彼に“お母さんの仕事って自称イラストレーターだよね”って言われたことがあって、自分では思ってもみなかったことに気づかされたりと面白い存在なんです。最近は久しぶりに個展をやったり、飲食店のアートワークをやったりと表現の形が以前と変わってきました。デジタルのテクニックでは息子にかないませんが、発想やセンスはいつまでも刺激しあえる関係でいたいと思っています」

きしくりさん
イラストレーター、デザイナー。
雑誌やCMのイラスト、立体オブジェ、またCDジャケットデザイン、ミュージシャンのグッズ制作など幅広く活動。近作は東京・築地の鉄板焼き店『黒澤』の個室ウォールペイント。www.kishicri.com

まつぞうポテト●東京都品川区上大崎2-16-9 アトレ目黒1 1F(目黒店) TEL.03-3444-6537 営業時間:10時~21時、不定休。写真はポテコロ(右上)5個と、てまりポテト(右下)5個の詰め合わせ1、200円(共に1個120円)。ほか、スイートポテト100gあたり220円、ブッセラ170円、ポテまろ120円など。目黒店のほか全国に16店舗。www.donq.co.jp/family/matsuzo

『クロワッサン』1003号より

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE