暮らしに役立つ、知恵がある。

 

【7月1日〜14日・九紫火星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【7月1日〜14日の流れ】
「現状を改革する」ことが今月の大きな課題に。九星気学では立春が“お正月”ですが、カレンダー上では2024年も半分が過ぎた計算になりますね。こうした節目のときというのは、「振り返りと調整」に使うことで運気をフレッシュな状態にキープできます。ここまでの半年間、「やろう」と思いながらも手をつけて来られなかったことがあるなら、7月前半のうちに「何をするか」をリスト化してみるといいでしょう。「やろう」と思っているだけだと重たい腰も「資料請求をする」「書類を揃える」など具体化してみると、不思議とできたりするものですよね。具体化擦るほどの気持ちも起きないなら、「疲れすぎていて、何かをする前に休息が必要」か、「本当はやりたくない」という可能性大。後者なら、いっそ目標から外してしまったほうが運気はよくなります。

文・真木あかり

九紫火星

【7月1日〜14日・九紫火星の運勢】真木あかりの九星気学占い

総合運

「一意専心」が幸運のキーワード。これと決めたことにひたすら集中してこそ、幸運への扉が勢いよく開く予感です。非常にパワフルな時期で、特に新しいことに挑戦する場合は強い運の後押しがあるでしょう。ただ、あれもこれもと欲張ると、エネルギーが分散することでどれも中途半端になりがちに。これと決めたことにまず手をつけ、終わったら次へ行くと決めておくといいでしょう。

対人運

 

損得勘定をするくらいなら、必要な行動を起こしてしまったほうがいい結果につながるよう。あなたに幸運を運んでくれる相手であれば、そうしたあなたの行動や勇気と同調する姿勢を見せてくれますから、話が早いでしょう。ゆっくり進む人は、急かしても良いことはなさそう。機が熟しさえすれば、パッとあなたの視野に入ってくるはずです。むしろ、そのためのサポートは惜しまずにできたらいいですね。

金運

出費が多くなるのは、意欲的に行動を起こしたり、人間関係を築くために頑張ったりしている証。決してマイナスなことではないのですが、あとで苦しくなるのが予測されるならある程度、目的は絞ったほうがよさそうです。レンタルやサブスク、シェアリングサービスなどを上手に活用すると、思った以上に出費を抑えられる見通しも。最近、人気のサービスを調べてみるといいでしょう。

吉方位

1日:南、北西 2日:東、南東、南西 3日:東、南東、南西 4日:東 5日:南東、北西 6日:北西 7日:東、西 8日:南東、西 9日:南 10日:南、南西、北西 11日:東、西 12日:東、南東 13日:東 14日:南東、北西

九紫火星の基本性格

まるで太陽のように情熱的で華やかなオーラを持つのが九紫火星の人。いつもアクティブに行動し、巧みなトーク力で周囲を惹きつけてやみません。エネルギーの塊のような人で、いいなと思うとまずはアクションを起こしてみるような行動力がありますが、若干「熱しやすく冷めやすい」傾向があるのも事実。昨日まで寝食を忘れるほど夢中になっていたことが、今日にはどうでもよくなって次のものに夢中……なんてことも少なくありません。テンションのアップダウンもちょっと激しめ。趣味など個人で楽しむものならいいのですが、仕事や恋愛では相手を振り回してしまうこともあるかもしれません。好奇心の幅の広さは素晴らしいことですが、落ち着いて考えたり人に相談したりといった行動も取り入れると、周囲との摩擦や緊張感も減らすことができるでしょう。プライドはかなり高め。それをお守りにして大胆な行動を取れるところもありますが、謙虚さを持てればそのプライドがカリスマ性に変わっていくはずです。

  1. HOME
  2. 【7月1日〜14日・九紫火星の運勢】真木あかりの九星気学占い

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

注目の記事

編集部のイチオシ!

オススメの連載