暮らしに役立つ、知恵がある。

 

【7月1日〜14日・七赤金星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【7月1日〜14日の流れ】
「現状を改革する」ことが今月の大きな課題に。九星気学では立春が“お正月”ですが、カレンダー上では2024年も半分が過ぎた計算になりますね。こうした節目のときというのは、「振り返りと調整」に使うことで運気をフレッシュな状態にキープできます。ここまでの半年間、「やろう」と思いながらも手をつけて来られなかったことがあるなら、7月前半のうちに「何をするか」をリスト化してみるといいでしょう。「やろう」と思っているだけだと重たい腰も「資料請求をする」「書類を揃える」など具体化してみると、不思議とできたりするものですよね。具体化擦るほどの気持ちも起きないなら、「疲れすぎていて、何かをする前に休息が必要」か、「本当はやりたくない」という可能性大。後者なら、いっそ目標から外してしまったほうが運気はよくなります。

文・真木あかり

七赤金星

【7月1日〜14日・七赤金星の運勢】真木あかりの九星気学占い

総合運

何かと「待ちの姿勢でいる」ことが増えそうです。返事をもらうまでに時間がかかったり、体調との兼ね合いでスケジュールが合わなかったりと、自分だけ割を食っているような気持ちになることも。ただ、この時期はスピーディーに動くことだけが良いことではありません。むしろ足元がおろそかになることも多いので、ゆっくり動いたほうがいいんですね。時間がかかったら「今は運をためているんだ」なんて考えてみてはいかがでしょうか。

対人運

ライトな交流がおすすめの時期です。ちょっと挨拶を交わす、雑談をするなど、さまざまな人と心地よい関係を築くことを意識していきましょう。一方で、家族や恋人、親友など“身内”と呼べるような相手以外は、深入りはしないほうがベター。今のあなたにできることは多くなく、逆に相手に“飲み込まれる”ようなことになりかねません。かかわらない訳にはいかない場合は、「一対一の関係」には持ち込まないこと。一緒に対応してもらう人を見つける、適切な窓口を紹介するなど、「複数の関係」で支援してあげましょう。

金運

金運は残念ながら今ひとつ。大きな出費を控えている場合は、無駄金が出ないように情報収集と事前確認を慎重に行っておきましょう。なお、この時期に臨時収入があった場合は、楽しく使ってしまうのがベスト。親しい人と食事をしたり、職場にお菓子を差し入れしたりと、できるだけ多くの人に喜びを行き渡らせるといいでしょう。なお、フリマアプリなどでの売買は、いつも以上に丁寧な対応を心がけて。

吉方位

1日:南東、南、北西 2日:南西、北西 3日:南西 4日:東、南、西 5日:南東 6日:南東 7日:東、北西 8日:南東、南西 9日:東、西 10日:南、北西 11日:西 12日:北西 13日:東、南、西 14日:南東

七赤金星の基本性格

秋、稲穂が頭を垂れ木々が豊かに実るように、豊かさや充実といったエネルギーを持つ人です。いつも明るく愛嬌たっぷりで、いるだけでその場がパッと明るい雰囲気になり、自分も人も楽しむことを大事にするので人気があります。センスが良く、流行を誰よりも早く押さえていたり、トレンドをファッションに取り入れたりするので、オシャレな人も多いでしょう。ただこのカンの良さがネガティブな方向に発揮されると、言葉の棘で相手を刺しにいったり批判能力だけが強調されたりと、キツい人と誤解される危険も出てくるでしょう。ポイントは聡明さ。頭の回転が早くコミュニケーション能力に優れているので、ポジティブな表現を心がけるとあなたが本当に伝えたいことが、まわりに理解してもらいやすくなります。仲間にも恵まれ、幸せの幅も量も大きく広げていくことができるでしょう。ちなみに、明るい性格のわりに、いったん落ち込むとどこまでもネガティブになっていく傾向も。起きたことを引きずらず、上手に切り替えができるようにしましょう。

  1. HOME
  2. 【7月1日〜14日・七赤金星の運勢】真木あかりの九星気学占い

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

注目の記事

編集部のイチオシ!

オススメの連載