暮らしに役立つ、知恵がある。

 

【7月1日〜14日・三碧木星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【7月1日〜14日の流れ】
「現状を改革する」ことが今月の大きな課題に。九星気学では立春が“お正月”ですが、カレンダー上では2024年も半分が過ぎた計算になりますね。こうした節目のときというのは、「振り返りと調整」に使うことで運気をフレッシュな状態にキープできます。ここまでの半年間、「やろう」と思いながらも手をつけて来られなかったことがあるなら、7月前半のうちに「何をするか」をリスト化してみるといいでしょう。「やろう」と思っているだけだと重たい腰も「資料請求をする」「書類を揃える」など具体化してみると、不思議とできたりするものですよね。具体化擦るほどの気持ちも起きないなら、「疲れすぎていて、何かをする前に休息が必要」か、「本当はやりたくない」という可能性大。後者なら、いっそ目標から外してしまったほうが運気はよくなります。

文・真木あかり

三碧木星

【7月1日〜14日・三碧木星の運勢】真木あかりの九星気学占い

総合運

「心地よさ」の優先順位を高めにすると幸運を呼び込みやすくなるときです。特に「居心地」についてはこだわってみるといいでしょう。もちろんできる分だけで大丈夫ですから、快・不快のセンサーには素直に従ってみることをおすすめします。「狭い場所or開放的な場所」「程よく放っておいてくれるお店orコミュニケーションが楽しいお店」「自然が多い場所or都会的な場所」……あなたなら、どんな心地よさが、今の気分にフィットしますか。

対人運

マンネリ感がご縁に停滞感をもたらす予感。「いつもと同じが最高だから、いつも通りにしよう」と能動的に選ぶこと以外は、ちょっと変化をつけてみるといいでしょう。考えてみれば「いつもと同じでいい」にはどこか、相手のために考えるのが面倒臭い、これ以上の手間をかけたくないという気持ちが宿るもの。そうした関係はラクですし、そこまで仲良くなれた証であるかもしれませんが、この時期は敢えて「より楽しくする」という労力をかけるだけの価値があるはずです──そう思えるほどの、お相手であれば。

金運

「応援したい」と思えるものにお金を使うといいときです。好きなお店で飲食を楽しんだり、頑張っている近所のお店で買い物をしたり。クラウドファンディングや募金に参加するのもいいでしょう。もちろん、推し活もカウントに入れて大丈夫です。そして大事なのが、「自分のこともちゃんと応援する」ということ。誰かのためと思うとき、優しい人ほど「自分は後回しでいい」と考えるものです。でも、励ましになるものがあったほうが、誰かのための応援にも力がこもるのですよね。

吉方位

1日:自由に過ごす日 2日:南東 3日:南東、南 4日:南西 5日:南西、北西 6日:西 7日:南東 8日:北西 9日:西、北西 10日:南西 11日:東 12日:南東、南 13日:自由に過ごす日 14日:南西、北西

三碧木星の基本性格

春、あたたかな日差しのもとで木々が鮮やかな色の新芽を次々に出していくように、若々しい成長のエネルギーに満ちた人です。いつもだいたい前向きで、ハッピーオーラ全開。ピンチのときも「なんとかなるよ!」なんて言いながら、ポジティブに目の前のことに挑んでいきます。あなたのまわりの人も、つられて明るく楽しい気持ちになるという人が多いに違いありません。ただ、勢いはあるものの、少々お調子者で向こう見ずなところもあることは否めません。根拠のない自信から積極的に行動して派手にコケたり、自慢話を盛りすぎて慌てるハメになったりと、悪気はないもののお騒がせキャラになってしまうことも。その姿はまるで子ども!? でも、いいなと思ったら即やってみる! という行動力は、たくさんの恵みをあなたにもたらしてくれているはずです。さっぱりと引きずらないところも魅力と言えるでしょう。ちなみに、誰に対してもフレンドリーですが、本当に心を開いている相手は意外なほど限定されていたりもします。

  1. HOME
  2. 【7月1日〜14日・三碧木星の運勢】真木あかりの九星気学占い

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

注目の記事

編集部のイチオシ!

オススメの連載