暮らしに役立つ、知恵がある。

 

【7月1日〜14日・二黒土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【7月1日〜14日の流れ】
「現状を改革する」ことが今月の大きな課題に。九星気学では立春が“お正月”ですが、カレンダー上では2024年も半分が過ぎた計算になりますね。こうした節目のときというのは、「振り返りと調整」に使うことで運気をフレッシュな状態にキープできます。ここまでの半年間、「やろう」と思いながらも手をつけて来られなかったことがあるなら、7月前半のうちに「何をするか」をリスト化してみるといいでしょう。「やろう」と思っているだけだと重たい腰も「資料請求をする」「書類を揃える」など具体化してみると、不思議とできたりするものですよね。具体化擦るほどの気持ちも起きないなら、「疲れすぎていて、何かをする前に休息が必要」か、「本当はやりたくない」という可能性大。後者なら、いっそ目標から外してしまったほうが運気はよくなります。

文・真木あかり

二黒土星

【7月1日〜14日・二黒土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

総合運

「自分のことは、自分で決める」ことがキーワードに。人に相談するのが悪いわけではないのですが、この時期に他人の意見を鵜呑みにして選んだことというのは、自分に運がたまりません。伸びしろも大きく広がることはありませんから、頑張ってもなかなか成果が出ないという状態に陥る可能性もあるでしょう。仮に相談したい場合は、自分の意見を決めたうえで「私はこう思うんだけど、あなたはどう思う?」と質問するのが◎。もちろん、最終的な判断は自分で納得がいくまで向き合って。

対人運

傾聴力がものをいうタイミング。自分が話すよりも、相手の話にじっくりと耳を傾けることで相手もまた心を開いてくれる──そんなミラクルがいつも以上に起きやすいときなのです。そのためにはある種の“下準備”もものを言うよう。時間や行動にゆとりを持つ、相手が話しかけやすい場所にいる、呼ばれたら相手のほうに顔と体を向けるなど、「あ、今なら話せそう」という気持ちになれるあなたでいませんか。周囲に声をかけやすい人がいれば、その方を参考にするのもいいでしょう。

金運

計画性がものをいうとき。夏は何かと物入りだから……ということでもあるのですが、「計画を立てる」という行動そのものがツキをもたらすときだからです。今の自分に何が、どのくらい必要なのか。どんな行動を望んでいるのか。計画というのは、本心を引き出すアクションでもあるのですね。欲しいと思えるものとの突然の出会いも、まずは「計画に含まれるものか?」と考えるプロセスを取り入れてみて(そもそも、これができれば衝動買いなどしない……というのも確かですが、それはそれです!)。

吉方位

1日:南東、北西 2日:西、北西 3日:南、西 4日:南 5日:南、南西 6日:南 7日:東、南西 8日:南東、南西 9日:東、北西 10日:北西 11日:西 12日:南、西、北西 13日:南 14日:南西

二黒土星の基本性格

ふかふかに耕されてみずみずしい生命を育む畑のように、おおらかな心と人のために尽くす愛情にあふれた人です。温和で物腰が柔らかく、誰に対してもきめ細やかに気配りをするので、あなたのまわりの人はきっと大きな癒やしや安心感を得ていることでしょう。ただ、穏やかなだけで終わる人でもありません。ブレない自信を持ち、完璧主義でもあるので、やると言ったことは火が降っても槍が降っても成し遂げようとするでしょう。持ち前の粘り強さ、勤勉さで、時間はかかっても確実に前に進むため、周囲の人が驚くような偉業を打ち立てたりもするのです。ちなみに「貯め込む」のが得意であり好きなので、家のなかのお菓子がやたら充実していたり、「いつか使うかも」と思って取っておいたショップバッグや箱、紐といったものがクローゼットに山積みになっていたり、などという思いがけない一面も。でも、お金や努力も「貯める」ことができるので、きっと得をすることも多いだろうと思います。

  1. HOME
  2. 【7月1日〜14日・二黒土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

注目の記事

編集部のイチオシ!

オススメの連載