【11月15日〜30日・四緑木星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【11月15日〜30日の流れ】
リーダーに注目が集まります。それは国家を率いるリーダーもそうですし、会社や学校などの組織におけるリーダーという意味合いもあるでしょう。重大な局面においてどう判断を下すかで、人の心が多く動くときなのです。もっと身近なところでいえば、友達グループや一家のリーダーという人もいると思うのですが、物事の進め方によっては信頼回復までが大変な状態に。もしあなたが人を率いるお立場であれば、全体をよく見て弱者にもしっかりと目を向けた判断を。どなたか率いる人がいるならば、その方のご判断をよく注視なさっておいてください。ときにはついていくべきか、離れるべきかの判断も必要であろうと思います。
  • 文・真木あかり

四緑木星

総合運

「いつもと同じ」に見えて、物事は少しずつ前へ前へと動き始めています。運気は吉凶混交で安定を欠くので「こうでなければならない」と一度決めたことにこだわりすぎると、見えない鎖でみずからを縛り上げるような状態に。それよりも「目指すゴールにたどり着けるなら、どの道を通っても構わない」くらいに、柔軟な気持ちでいたほうがうまくいきます。まずはゴール、つまり目標や到達点をびしっと決めたいですね。「みんなに合わせる」では、図々しい人に運命の舵を渡してしまうかもしれないので、自分でしっかり考えていきたいところです。

対人運

交際範囲が広がって、いろいろな人からさまざまな情報が流れ込んできそう。「いったいどの情報を信じたらいいのか」と迷ってしまったときは「信じる」という行動のほうに疑問を抱いたほうがいいかもしれません。人から語られる話は、その人のフィルターを通した、全体のごく一部に過ぎません。吉凶混交の今、信じてしまうと大事なことが見えなくなってしまいそう。できれば「話は聞いても、自分の目で見たことを信じよう」と決めておくと安心でしょう。

金運

よからぬ目的を持った人にかすめ取られないよう、充分に注意したい時期。「必ずトラブルが起こる」というわけではないのですが、いつもと違う行動がうっかりミスを呼び、そこに良からぬ人がちょうど居合わせる……なんてことになりやすいのです。たとえば、普段と違うバッグで出かけたがゆえに勝手が違い、いつの間にかお財布がなくなっていた……なんてことが、いつもよりも起こる可能性が高いのです。アウェーの場所に行くときは特に気をつけて。

吉方位

15日:北 16日:南西、北東 17日:東、南 18日:南西 19日:南西 20日:南東、北西 21日:西 22日:北西、北東 23日:西 24日:北 25日:南西、北東 26日:東、北 27日:南西 28日:南西 29日:北西 30日:西

四緑木星の基本性格
木々が成長して枝葉を伸ばし、森となっていくように、「みんなとの関係」「みんなのなかの自分」を第一に考えるタイプの人。生真面目ですが物腰は柔らかで、その場にいる人を全員ほんわかとした癒やしで満たしていくようなところがあります。謙虚で相手を立てることが得意なので、目上の人から可愛がられることも多いでしょう。こうした調和を重視する原動力は、実は「誰にも嫌われたくない」という不安。それが強く出すぎてしまうと「人の言いなりになる」「自分の意見がないと思われる」といったネガティブな容姿に変わってしまうことがあります。本来の「調和」の力を活かすには、周囲の人の顔色を伺うばかりでなく、自分の存在や気持ちも尊重するという姿勢は、いつも持っていたいところです。それができるようになれば、人のためを思ってしたことが自分にも返ってくるなど、優しさや思いやりの循環が起こり始めます。試行錯誤した分だけ、生きやすくなっていくでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。