【8月1日〜8月14日・二黒土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【8月1日〜14日の流れ】
6日まではバタバタと慌ただしい雰囲気となっていますが、その後は次第に落ち着きを見せます。ただ、表面上は動きがない出来事ほど、水面下で善悪ともにさまざまな物事が起こっているという暗示も出ています。「善悪ともに」というところは、大きなポイント。誰もが多かれ少なかれ、善悪を丁寧に分けていくことが必要となります。「分ける」ことは「分かる」ことでもあり、対象をきちんと理解しようとする姿勢が必須です。思い込みやイメージで判断するようになると、この8月前半は見誤ることも多くなるのでしょう。夏というエネルギッシュな季節は私たちを前へ前へと動かそうとしますが、敢えて立ち止まって熟考する。という時間も重要であろうと思います。
  • 文・真木あかり

二黒土星

総合運

運気のアップダウンがありそうな2週間。忙しいときとそうでないとき、活気があるときとないときの差が顕著なのですが「振り回されている」「落差がありすぎる」とネガティブに受け止めてしまうと気持ち的にも疲れてしまいそう。私からひとつご提案なのですが「メリハリがある」と思ってみるのはいかがでしょうか。そのうえで休むときは休み、頑張るときは頑張ると双方に振り切ってみると、充実した夏になるだろうと思います。

対人運

悪目立ちするようなことは避けたい時期。もちろん自分から進んでそんなことをする人はいないだろうと思いますが、強気で自分の思いを通そうとしたり、強い言葉を使いすぎたりすると運気は停滞モードに転じます。文句がある場合でも、まずは相手の言い分を聞く。人前に出るときは、「おかげさま」の気持ちを意識する。そんなスタンスでいるとうまくいくでしょう。そういった発想はイヤだなあと思われるのであれば、ひとりの時間を多めに持つだけでも違うだろうと思います。

金運

金運は普通。「使う」よりは貯蓄のほうにツキがあるでしょう。デスクの引き出しやクローゼットなど、収納する場所をきれいにしておくと金運がアップするでしょう。また、長く使い続けているものは一度、まとまった時間をとってメンテナンスの必要がないかどうかチェックしてみて。もし、壊れているけれどメンテもできないというものがあれば、手放すことでまた良い運が巡ってくるでしょう。

吉方位

1日:南、西、北西 2日:南、北東 3日:南西、北、北東 4日:東、南、北 5日:東 6日:南東、南西 7日:東、南東 8日:南東 9日:西、北東 10日:西、北西 11日:南 12日南、南西、北、北東 13日:東、南、北 14日:東、南西

二黒土星の基本性格
ふかふかに耕されてみずみずしい生命を育む畑のように、おおらかな心と人のために尽くす愛情にあふれた人です。温和で物腰が柔らかく、誰に対してもきめ細やかに気配りをするので、あなたのまわりの人はきっと大きな癒やしや安心感を得ていることでしょう。ただ、穏やかなだけで終わる人でもありません。ブレない自信を持ち、完璧主義でもあるので、やると言ったことは火が降っても槍が降っても成し遂げようとするでしょう。持ち前の粘り強さ、勤勉さで、時間はかかっても確実に前に進むため、周囲の人が驚くような偉業を打ち立てたりもするのです。ちなみに「貯め込む」のが得意であり好きなので、家のなかのお菓子がやたら充実していたり、「いつか使うかも」と思って取っておいたショップバッグや箱、紐といったものがクローゼットに山積みになっていたり、などという思いがけない一面も。でも、お金や努力も「貯める」ことができるので、きっと得をすることも多いだろうと思います。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。