【8月1日〜14日・七赤金星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【8月1日〜14日の流れ】
6日まではバタバタと慌ただしい雰囲気となっていますが、その後は次第に落ち着きを見せます。ただ、表面上は動きがない出来事ほど、水面下で善悪ともにさまざまな物事が起こっているという暗示も出ています。「善悪ともに」というところは、大きなポイント。誰もが多かれ少なかれ、善悪を丁寧に分けていくことが必要となります。「分ける」ことは「分かる」ことでもあり、対象をきちんと理解しようとする姿勢が必須です。思い込みやイメージで判断するようになると、この8月前半は見誤ることも多くなるのでしょう。夏というエネルギッシュな季節は私たちを前へ前へと動かそうとしますが、敢えて立ち止まって熟考する。という時間も重要であろうと思います。
  • 文・真木あかり

七赤金星

総合運

活気ある忙しさに見舞われる時期。自分から行動を起こしてこそうまくいく時期ですから、自分が手にしたいもの、目指す姿のビジョンを明確に持って前に出ていきたいところです。ヘルプを頼まれたり、アドバイスを求められたりすることがあれば、忙しくてもできるだけ応じてみるのがおすすめ。ここで力を尽くしたことは、あとあと大きなリターンとなってあなたに返ってくるはずです。

対人運

対人運は絶好調。仕事でもプライベートでも良い運に恵まれるときで、人から持ち込まれた相談事や依頼がきっかけになって話が広がっていくでしょう。ちなみに、この時期のあなたはちょっぴり辛口になりやすい暗示も。対人運がいい今なら「そのとおり!」なんて盛り上がることも多そうですが、次にちょっぴり運気が低迷したとき、辛辣すぎる発言を根に持っている人との関係が悪化するなど、タイムラグを経て影響が出るかも。「この発言はギリギリかも」と思えるものは、自分のなかだけで楽しんだほうがよさそうです。

金運

自分が使ったお金が、どう流れていくのかを意識して使うといい時期です。同じものを買うにしても応援したいお店を選んだり、社会的に意義のある寄付をしてくれるサービスを使ったりすることで、金運の巡りがよくなります。食材はできれば、地元のものを多く選べると素敵です。土地のエネルギーをいっぱいに取り入れて、心も元気になれるはず。金運って、そういう人のところに巡ってくるのですよね。

吉方位

1日:南西、北西、北東 2日:東、南、西 3日:南東、北東 4日:南東 5日:東、北西 6日:南東、南西 7日:東、西 8日:南東、南、北東 9日:西 10日:南西、北西 11日:東、南、西 12日:南東、北東 13日:自由に過ごす日 14日:東、北西

七赤金星の基本性格
秋、稲穂が頭を垂れ木々が豊かに実るように、豊かさや充実といったエネルギーを持つ人です。いつも明るく愛嬌たっぷりで、いるだけでその場がパッと明るい雰囲気になり、自分も人も楽しむことを大事にするので人気があります。センスが良く、流行を誰よりも早く押さえていたり、トレンドをファッションに取り入れたりするので、オシャレな人も多いでしょう。ただこのカンの良さがネガティブな方向に発揮されると、言葉の棘で相手を刺しにいったり批判能力だけが強調されたりと、キツい人と誤解される危険も出てくるでしょう。ポイントは聡明さ。頭の回転が早くコミュニケーション能力に優れているので、ポジティブな表現を心がけるとあなたが本当に伝えたいことが、まわりに理解してもらいやすくなります。仲間にも恵まれ、幸せの幅も量も大きく広げていくことができるでしょう。ちなみに、明るい性格のわりに、いったん落ち込むとどこまでもネガティブになっていく傾向も。起きたことを引きずらず、上手に切り替えができるようにしましょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。