【7月15日〜31日・八白土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【7月15日〜31日の流れ】
信じがたいような事件が起こった7月前半、悲しみや不安とともにある方も多いことでしょう。私たちにできることは自分の生活をしっかり営んでいく、社会参加をしていくということになると思うのですが、どうやら占いでもそれを後押しするような流れが起きていると読めます。天と地の気は「古い慣習はもう終わりである」ということを告げていますし、人の気は「迷わず進め」と告げています。ただ、多少落ち着きを欠く、不安定な様子であることも否めません。おそらくですが、権力にNoを突きつけるだけでなく、社会的に弱い立場の方々に丁寧に目を向けていく、手を差し伸べていくということが、盤石な変化のためには欠かせないだろうと、私は考えています。
  • 文・真木あかり

八白土星

総合運

猛暑のなか、冷房を適切に使う大切さがよく知られるようになりました。八白土星さんももちろん、健康のために適切な室温でお過ごしいただきたいのですが、この時期は冷えの暗示が出ているのが少し気になります。ここでダウンすると、来月も尾を引くことに。せっかくの夏を楽しめないのはもったいないですね。夏用ストールや軽めのひざ掛けで適度に保温する、運動や半身浴で体の芯を温めるなど、自分の体の声をよく聞いて対策をしておけると安心です。

対人運

人間不信に陥った経験がある人は、そのときの気持ちがふたたび蘇るような出来事があるのかも。ただ「この人も信じられないかも!?」とモヤモヤを抱えるくらいなら、サクッと「これ、どうなってます?」などと聞いてしまったほうが良さそう。誤解なら誤解ですっきりしますし、信じられないならそれはそれで対策ができます。あなたもわかっておいでとは思いますが、頑張るのは苦しさや「許せない」という感情を押し込めること、ではないんです。スッキリするためのことを、頑張るといいのですよね。

金運

マネープランを練るのにぴったりのタイミング。折しもレジャーや帰省、旅行などこの時期ならではのイベントが多数控えた時期です。見通しを立てておくことで、お金の使い方も有意義なものになるでしょう。運気を底上げするという観点から言うならば、物質面の充実よりは思い出や体験など、かたちのないものの充実が有効。あなたはこの夏、どんなことをしたいでしょうか。運もイメージも、楽しく膨らませてみて。

吉方位

15日:東、西、北東 16日:南東、南西、北東 17日:南、北 18日:南東、南西、北西 19日:南西、西 20日:東、北西 21日:南 22日:北、北東 23日:西、北西 24日:東、西、北東 25日:南東、南西、北東 26日:南、北 27日:南東、南西 28日:東、南西、西 29日:東、南東、北西 30日:南 31日:北、北東

八白土星の基本性格
山のようにどっしりと落ち着いていて、どんなことも穏やかに受け止めるフトコロの広さを持ち合わせている人です。真面目さと粘り強さを持ち合わせ、自分が目指すもののためならどんなに泥臭い努力も惜しまない芯の強い努力家ですが、人に対してそういった顔を見せることはありません。優しく面倒見が良い性格もあいまって、周囲からも頼りにされていることでしょう。実際は目標が決まらないとまるでテンションが上がらなかったり、納得できないことにはテコでも動かなかったりと、エンジンがかかるまでに若干時間が必要なことも。他人のことばかり頑張って、自分のことは後回しにしがちなところもあります。自分をモチベートするためにも、「できることからやる」「やりがいを感じられるポイントを探す」といったことをしてみると、うまく歯車が回り始めることでしょう。家族やご先祖様を大切にすることは運気アップにつながります。家族への連絡、親族のお墓参りなどはマメにするといいでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。

人気記事ランキング

  • 最新
  • 週間
  • 月間