【5月1日〜14日・一白水星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【5月1日〜14日の流れ】
古いしきたりに見切りをつけて、新しいやり方を取り入れていくべき時期です。抵抗するのは厳しいと思うのですが、それでも「そろそろ、なんとかしなくてはいけない」ということは、誰もがわかっているでしょう。世の中レベルでそうした動きが起こってくるのですが、個人レベルでも「ビシッと背筋を正して、自分のあり方を変えていく」ようなことを選択する人は多いでしょう。やってみると、意外とできるのです。そして、春に芽吹く木々のように、あたり一面を覆う草花のように、爆発的なエネルギーが自分のなかにあったことに気づく人も、きっと多いのだろうと思います。
  • 文・真木あかり

一白水星

総合運

小さなことにこだわりすぎず、柔軟な発想で目の前のことを楽しんでいくといい展開に。たとえば雨が降ったら、草木が一段と生き生きします。夏を感じさせるような気温であれば、アイスや冷たいうどんが美味しく感じられます。まあ実際問題として日々は複雑にして忙しく、そんな楽観ばかりしていられない! というのもまた事実。ただ、「これを、どうやったら楽しめるだろう?」と思ってみるのは、幸運を呼ぶことになりそうです。

対人運

対人運は絶好調。引き続き慎重に感染対策をしながらという形にはなりますが、友人・知人との交流も少しずつ復活。長いブランクを埋めるようにして、楽しい話ができる人も多そうです。仕事まわりの対人関係では、笑顔を絶やさず気さくに接することが大事。楽しいと感じる場面も多いはずですが、調子に乗った発言をすると思った以上に波紋を呼ぶことも。特に違う世代の人と話すときは、自分たちの世代では当たり前のことも、通用しない可能性が。「これを言って大丈夫かな」と迷ったら、言わないと決めておくのもいい選択です。

金運

金運は絶好調。臨時収入に恵まれたり、出費が思った以上に安く済んだりと、嬉しいことが多いでしょう。今月は、無理のない範囲でお金を使うことも、運気アップのためには重要です。時短グッズや上質なベッドリネン、ルームフレグランスなど、心豊かに部屋を演出するアイテムは、この時期には最良の開運アイテムとなるでしょう。節約は大切なことですが、ケチケチすると今月の金運はちょっぴり元気をなくしてしまう予感。少しだけでも、心を満たすと変わってきますよ。

吉方位

1日:南、北西、北東 2日:自由に過ごす日 3日:東、南東、西 4日:東、南西 5日:南東 6日:南東、南、北 7日:東、南西 8日:南西、西、北東 9日:南、西、北 10日:南、北西、北東 11日:西 12日:東、南東、西、北西 13日:東 14日:南東、北

一白水星の基本性格
液体として存在するだけでなく、氷に水蒸気にとさまざまにかたちを変える水のように、柔軟で誰にでも人当たり良く接することができる人。ほがらかでコミュニケーション上手の人気者ですが、実はこれは表面上のお話。内面ではこだわりが強く、ひとりの時間が取れないと息が詰まってしまうようなところもあります。我慢強い頑張り屋さんゆえに、苦労性なところもあるでしょう。その分、努力が実ったときのリターンは大きいので、ほどよく頑張るポイントをいくつか押さえておけると素敵です。ひとりで抱え込みすぎず、頼ったり相談したりすること、自分が心地よいペースを「我慢」ではなく「ほどよさ」によってキープすること。そうすれば、あなたが持つ特性を素敵なかたちで活かしていけそうです。なお、苦労性と書きましたが、これはただ苦労するだけなどという損な話ではありません。頑張った分は必ず、あとから報われることになっています。中年期から晩年期が楽しくなりますので、どうぞお楽しみに。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。