【1月15日〜31日・九紫火星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【1月15日〜31日の流れ】
東洋の占いでは立春が1年の始まり。ちなみに西洋占術では春分を1年の区切りとする人もおり、「使う占術が多い占い師は“お正月”的な日が年に何度もある」なんて笑い話もあるくらいです。カレンダー上の区切りである1月1日は気持ちがピッと改まった人も多いはず。そして立春においては、周囲の状況になんだか変化が出てきたな、動けるようになったかなと感じられるようなことが起こり始めます。
1月後半はそのつもりで、お正月に立てた展望を明確にしたり、地に足をつけて「できることからやっていく」といった意気込みでいると運の循環が良くなってくるでしょう。幸運をつかむつもりで、いい1年にするつもりで、ひとつひとつ確実にやっていきましょう。
  • 文・真木あかり

九紫火星

総合運

体にはエネルギーが満ち、頭脳は冴え渡り、いつも以上にいい動きができるときです。そんなあなたの状態が周囲の人には自然と感じ取れるようで、決して簡単ではない交渉や相談事が持ちかけられることもあるのでしょう。一見すると複雑なことでも、よくよく噛み砕いてみると内容はシンプルなはず。ただ、それを噛み砕けるのはおそらく、あなただけなのです。フルコミットは無理でも、できる範囲で協力してあげるのはいい選択と言えそうです。

対人運

人に恵まれるとき。特に「相棒」「サポート役」的な人といい動きができるときで、1+1=2ではなく、1+1=5くらいにはなるでしょう。それは決して、目に見える成果に限りません。連帯感や「やり遂げた」という自信、いっそう強まった信頼関係など、かたちのない価値のほうが多いはずです。これは決して、既存の関係に限った話ではありません。新しい出会いにおいても、この時期は爽やかに風通しの良い関係を作っていけます。

金運

お金の出入りが多いときです。臨時収入が入ってほくほくしていたらまとまった出費があるなど、手元には残らないものの不思議と収支が合うでしょう。「自分への投資」は、勉強などアタマを鍛えるものについては有意義な出費に。外見を磨くものについては、今は情報収集に徹するのがベストでしょう。一時的なお楽しみと割り切るならOKですが、効果は思ったより早く消えてしまいそう。費用対効果を考えると、もっといい選択もありそうです。

吉方位

15日:東、南東、南西、北東 16日:東、北東 17日:南、北西、北 18日:南、北 19日:南東、西、北東 20日:東、西 21日:北西 22日:南東、北西 23日:東 24日:東、南東、南西、北東 25日:東、北東 26日:南、北西、北 27日:南、北 28日:南東、西、北東 29日:東、西 30日:北西 31日:南東、北西

九紫火星の基本性格
まるで太陽のように情熱的で華やかなオーラを持つのが九紫火星の人。いつもアクティブに行動し、巧みなトーク力で周囲を惹きつけてやみません。エネルギーの塊のような人で、いいなと思うとまずはアクションを起こしてみるような行動力がありますが、若干「熱しやすく冷めやすい」傾向があるのも事実。昨日まで寝食を忘れるほど夢中になっていたことが、今日にはどうでもよくなって次のものに夢中……なんてことも少なくありません。テンションのアップダウンもちょっと激しめ。趣味など個人で楽しむものならいいのですが、仕事や恋愛では相手を振り回してしまうこともあるかもしれません。好奇心の幅の広さは素晴らしいことですが、落ち着いて考えたり人に相談したりといった行動も取り入れると、周囲との摩擦や緊張感も減らすことができるでしょう。プライドはかなり高め。それをお守りにして大胆な行動を取れるところもありますが、謙虚さを持てればそのプライドがカリスマ性に変わっていくはずです。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。