【1月15日〜31日・五黄土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【1月15日〜31日の流れ】
東洋の占いでは立春が1年の始まり。ちなみに西洋占術では春分を1年の区切りとする人もおり、「使う占術が多い占い師は“お正月”的な日が年に何度もある」なんて笑い話もあるくらいです。カレンダー上の区切りである1月1日は気持ちがピッと改まった人も多いはず。そして立春においては、周囲の状況になんだか変化が出てきたな、動けるようになったかなと感じられるようなことが起こり始めます。
1月後半はそのつもりで、お正月に立てた展望を明確にしたり、地に足をつけて「できることからやっていく」といった意気込みでいると運の循環が良くなってくるでしょう。幸運をつかむつもりで、いい1年にするつもりで、ひとつひとつ確実にやっていきましょう。
  • 文・真木あかり

五黄土星

総合運

何事もスピーディーに、気持ちよく進んでいく好調期。ただ、調子がいいからとガンガン歩みを進めてしまうと、わずかなズレも大きなひずみに発展してしまいがち。前へ前へと突き進むことだけに価値を見出すより「ちょっと試して様子を見る」を繰り返して前に進むとこの時期の運を上手に使っていけます。何かをすればすぐに「OK/NG」がはっきりしますから、OKをサクサク選んでいって。仮にミスったと思ったなら、すぐに戻ればリカバーもスムーズでしょう。

対人運

愛ある意見やアドバイスをもらえるとき。多くは褒め言葉であろうと思いますが、チクッと釘を刺してくるような人も、どこかにあなたへの思いや愛があるようです。もちろん全部ポジティブに受け止める必要はありません。今のあなたにとって必要なメッセージであれば、ちゃんとわかることになっています。仮に(絶対ではなく、仮に……ですよ!)イヤだなと思ったら、その言葉は受け止めずにサラッと流してOK。心のなかに、溜めておかないことです。

金運

他人とのニーズがぴったり噛み合うとき。欲しいものも手放したいものも、SNSやアプリなどで積極的に発信していくといいでしょう。欲しかった家電について「ちょうど買い替えたから、安く譲ろうか」と声をかけてもらえたり、サイズアウトした服がフリマアプリでお金に変わったりと、嬉しい取引になりそうです。ずっと探していたものをついでに買うなど、それなりに出ていくものは多いのですが、満足のいく結果が得られるでしょう。

吉方位

15日:南、南西、西、北東 16日:東、南西、北西 17日:南東、南、北西 18日:東、南東、北西 19日:東、南東、南西、西 20日:東、南東、南西、北西 21日:南、北 22日:南東、南、南西、北東 23日:東、南、西、北東 24日:南、南西、西、北東 25日:東、南西、北西 26日:南東、南、北西 27日:東、南東、北西 28日:東、南東、南西、西 29日:東、南東、南西、北西 30日:南、北 31日:南東、南、南西、北東

五黄土星の基本性格
五黄は木や大地など特定のものを象徴する言葉ではなく「中心」を意味し、ひいては生きとし生けるものの生を司ります。天と地のどちらの働きも持ち合わせることから、五黄土星の人は非常にエネルギッシュな生命力が生まれながらにして備わっているのです。この世に生を受けたからには、全力で楽しんで走り抜けたい――そうした思いを持つ人は少なくないでしょう。人に指図されることを何より嫌い、いつも自分のペースで自分のやりたいことを追求します。あなたが望みさえすれば、大きな夢を叶えることも決して難しくないのでしょう。個性的なところが強く出すぎると、周囲からアクが強い人、心が狭い人と誤解されることもあるかもしれませんが、友達や信頼している人からの頼みであれば、骨身を惜しまず努力して期待に応えようとする、器の大きなところも。自分勝手になりすぎることなく、人に熱意を注ぐところが伝われば人望も確かなものとなるでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。